So-net無料ブログ作成

滋賀県米原市のマンホール [各地のマンホール]

■2014年6月2日
アルマさんから画像を頂きました。
http://gudagudagekki.blog.so-net.ne.jp/
3191
滋賀県米原市のマンホールです。旧伊吹町のマンホールで、町の鳥ウグイスと町の花ツツジ、伊吹山の麓には町の木カイヅカイブキが描かれています。
(アルマさん談)

3192
先ほどのモノのハンドホールサイズのモノです。
ハンドホールサイズにしたため、「いぶき」の上の花が少々欠けていて、線も少なくなっています。
(アルマさん談)

3193
米原市(旧山東町)のマンホールです。UPしてありましたが一応UPしておきます。
三島池のマガモと、天の川のゲンジボタルが描かれているそうです。
(アルマさん談)

3194
先ほどのモノのハンドホールサイズのモノです。
小さくなった分、図柄がギュッとしています。
(アルマさん談)


市の木 イチョウ、ウバメカシ、貝塚伊吹、モクセイ
市の花 サツキ、ツツジ
市の鳥 ウグイス、キジ

■2012年12月9日

20121208_100930

20121208_130520

20121208_124656
旧近江町の町章があります。

■2011年9月12日

滋賀県米原市のHP
http://www.city.maibara.lg.jp/

DSC02308-617eb


滋賀県米原市は、2005年2月14日、坂田郡山東町、坂田郡伊吹町、坂田郡米原町の3つの町が合併して誕生しました。また、2005年10月1日に米原市と坂田郡近江町が合併、旧坂田郡が1つとなり新たな「米原市」が誕生しました。

<坂田郡山東町>
 姉川や天野川などの水に恵まれ、昔から鴨と蛍のまちとして知られてきた山東町。昭和30年7月10日、柏原村、東黒田村、大原村が合併し誕生しました。
国の特別天然記念物である『天野川の源氏蛍』の保護活動は大正15年から始められ、毎年初夏に開催されるホタルまつりには、全国各地から多くの人が訪れます。

<坂田郡伊吹町>
 滋賀県最高峰・伊吹山の山麓に広がるまち伊吹町。昭和31年9月1日、春照村、伊吹村、東草野村が合併し誕生しました。
伊吹山頂には美しいお花畑が広がり、1250種類もの草花が生育。伊吹山、姉川や湧水、緑と水に囲まれ、心癒される自然豊かな美しいまちです。

<坂田郡米原町>
 東には霊仙山を望み、西は日本一の湖・琵琶湖に面する米原町。昭和31年9月1日、米原町、息郷村、醒井村が合併し、誕生しました。
古くから近畿・東海・北陸を結ぶ交通の要衝、中山道や北国街道の宿場町として栄え、昔のたたずまいを今に残しています。また、豊富な湧き水を誇る水の郷としても知られています。

<坂田郡近江町>
  古代豪族息長氏の繁栄や、賢夫人として全国的に有名な山内一豊の妻千代など、数々の歴史が残るここ近江町。近江町は、昭和30年4月、坂田村と息長村が合併して誕生しました。
 水路と陸路が接合した交通の要衝であることから、きわめて早い時期から人が住みつき、発達した集落を形成、近年は、住宅団地の開発によって人口が増加しています。

そして今、米原市は『自然きらめき ひと・まち ときめく 交流のまち』を合言葉に、市民と行政のパートナーシップで新たなまちの歴史を刻みはじめました。


【位置と地勢】
 米原市は滋賀県東北部地域の中心に位置し、面積は250.46平方キロメートル(うち琵琶湖の面積:27.36平方キロメートル)で、県土全体の6.23%を占めています。
 日本百名山のひとつである伊吹山とその南には霊仙山がそびえ、総面積の63%を占める森林(森林面積:158.16平方キロメートル)にたくわえられた水は、清流姉川や天野川となって地域を流れ、母なる琵琶湖に注ぐという、水と緑に包まれた自然豊かな地域です。

【自然と歴史】
 米原市には、伊吹山のお花畑、姉川の清流、三島池のマガモ、天野川などのホタル、鮎、醒井のハリヨと梅花藻など美しい自然があり、貴重な動植物の宝庫です。
 気候は、日本海型気候で、冬季には北西の季節風と積雪がみられます。湖岸部は年間の降水量が比較的少ない内陸性盆地気候であるのに対し、中山間部は1m前後の積雪のある県下有数の豪雪地帯であり、気候的にも変化に富んだ地域です。
 伊吹山と醒井の居醒の水を舞台にしたヤマトタケル伝説や、古代豪族息長氏の舞台となるほか、中山道と各宿場、平安時代の高僧・最澄、室町時代の大名佐々木道誉(京極高氏)、戦国時代を代表する秀吉、三成などが活躍するなど歴史の舞台にも度々登場し、数多くの史跡を残しています。

DSC02256-f1c01
米原市

柏原の宿は中山道60番目の宿場町です。

今回もソネットのブログで読ませていただいているFuelさんのところよりご許可をいただいてアップさせていただきました。


****************

日本各地、本当にたくさんのマンホールがあります。とてもとても集めきれませんが、皆様のお住まいの町にもきっと素敵なマンホールがあるのでしょう。是非ともお写真をいただけたらうれしいです。
100キロ程度の画像でしたら
http://takashi-fukuyama.blog.so-net.ne.jp/2011-04-01-1にございます★まっとらんど★掲示板に写真をアップロードしていただくことができます。
また、メールフォームからも写真の添付ができるようになりました。是非ともご利用いただき、お写真を頂戴できましたら、とってもうれしいです。
http://takashi-fukuyama.blog.so-net.ne.jp/2011-03-31-3←こちらのメールフォームをご利用ください。
何卒よろしくお願いいたします。
HN,ブログやHPのURL、マンホールを撮影した場所などコメントを添えてお送りいただくととてもうれしく思います。

****************
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント