So-net無料ブログ作成

埼玉県入間市のマンホール [各地のマンホール]

■2011年10月16日■

DSCN1993

今回もネット友達の★る~ぴょん★から画像を頂きました。
とってもきれいなマンホールですよね。

市名の由来
古代の律令制施行による国郡里制以来の郡名「入間郡」に由来する。

地理
市の南部には、狭山丘陵の豊かな自然が広がる。

河川: 入間川、霞川、不老川
丘陵: 加治丘陵、狭山丘陵

歴史
奈良時代には、前内出窯、平安時代には、須恵器窯跡群である東金子窯跡群(窯跡群としては前内出窯を含む)が操業していた。そのうち、八幡前窯跡群や新久窯跡群は、埼玉県南部の集落に須恵器を広く供給するのみならず、武蔵国分寺の塔再建の瓦などを生産していたことで知られる。 市内の中核を成していた扇町屋商店街はかつて千人同心街道・八王子通り大山道の宿場町として栄えた名残りである。

1938年、陸軍航空士官学校(現航空自衛隊入間基地)が開設。
1945年、戦後進駐軍に接収され「ジョンソン基地」になる。
1956年9月30日、豊岡町、金子村、宮寺村、藤沢村、西武町の一部(旧東金子村)が合併し、入間市の前身となる武蔵町が発足。
1958年10月14日、元狭山村の一部を合併。
1958年、航空自衛隊入間基地発足。
1966年11月1日、市制施行。入間市となる。
1967年4月1日、西武町を合併。ほぼ現在の市域となる。
1978年、ジョンソン基地全面返還。
1983年4月1日、狭山市との境界変更。現在の市域となる。


■2011年3月16日
DSCN1097

インターネットでもう10年以上のお友達★る~ぴょん★から画像を頂きました。

■埼玉県入間市(ウィキ)
奈良時代には、前内出窯、平安時代には、須恵器窯跡群である東金子窯跡群(窯跡群としては前内出窯を含む)が操業していた。そのうち、八幡前窯跡群や新久窯跡群は、埼玉県南部の集落に須恵器を広く供給するのみならず、武蔵国分寺の塔再建の瓦などを生産していたことで知られる。 市内の中核を成していた扇町屋商店街はかつて千人同心街道・八王子通り大山道の宿場町として栄えた名残りである。

市の木:ケヤキ
市の花:茶の花
市の鳥:ヒバリ




****************

日本各地、本当にたくさんのマンホールがあります。とてもとても集めきれませんが、皆様のお住まいの町にもきっと素敵なマンホールがあるのでしょう。是非ともお写真をいただけたらうれしいです。
100キロ程度の画像でしたらhttp://takashi-fukuyama.blog.so-net.ne.jp/2011-04-01-1にございます★まっとらんど★掲示板に写真をアップロードしていただくことができます。
また、メールフォームからも写真の添付ができるようになりました。是非ともご利用いただき、お写真を頂戴できましたら、とってもうれしいです。http://takashi-fukuyama.blog.so-net.ne.jp/2011-03-31-3←こちらのメールフォームをご利用ください。
何卒よろしくお願いいたします。
HN,ブログやHPのURL、マンホールを撮影した場所などコメントを添えてお送りいただくととてもうれしく思います。

****************
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

ねこじたん

消防車の周りが かわいいですね
by ねこじたん (2011-03-19 20:10) 

★まっと★

★ねこじたんちゃま★(●⌒∇⌒●)
消防車のデザインは結構多いんだよね。
by ★まっと★ (2011-03-21 11:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント