So-net無料ブログ作成

静岡県浜松市のマンホールの蓋 [各地のマンホール]

2013年4月2日

今回は週末に出かけたフラワーパークで見つけた消化栓と排水溝です。
なかなかあちこちでも見かけたものばかりになってきました。
もっともっと遠出できるチャンスがあるといいのですが、
なかなか無くて・・・・・・

DSCF1302

DSCF1301

二つとも浜松のフラワーパークで見つけたものです。
雨降りでしたが、パーク内で見つけたときはうれしかったなぁ・・・
o(*'▽'*)/☆゚'・:*☆

はままつフラワーパークHP
http://e-flowerpark.com/

浜松市のHP
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/

2013年4月2日

今回もブログのお友達アルマさんから画像をいただきました。

2713
静岡県浜松市北区のマンホールです。旧引佐町のモノで町の花で、県の天然記念物でもある渋川つつじと蝶をデザインしたものだそうです。
(アルマさん談)http://gudagudagekki.blog.so-net.ne.jp/

2711
静岡県浜松市北区のマンホールです。旧細江町のもので、『この辺りの都田川は全国有数の銅鐸の出土地だそうで、銅鐸がデザインされてます。 銅鐸の周囲に町の花サクラと、銅鐸の中に日本最古の海路標識として1200年も前に建てられたといわる引佐細江(いなさほそえ)の 澪つくしも描かれています 』だそうです。
(アルマさん談)http://gudagudagekki.blog.so-net.ne.jp/

2707
静岡県浜松市天竜区のマンホールです。旧天竜市の花=ヤマユリと旧天竜市の鳥=セキレイだそうです。
(アルマさん談)http://gudagudagekki.blog.so-net.ne.jp/

2708
似たようなのですがちょっと違う感じもするので一応UPしておきます(^^ゞ
(アルマさん談)http://gudagudagekki.blog.so-net.ne.jp/

浜松市のHP
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/

■2010年12月4日
まろり~なちゃまから本館掲示板に投稿していただきました。

1468.jpg静岡県浜北市(はまきたし)は、かつて静岡県の西部(遠州)に存在した市。2005年7月1日、周辺10市町村と共に浜松市へ編入合併され消滅した。
2005年7月1日に地方自治法第202条の4に基づく「浜北地域自治区」が設置された[1]。2007年4月1日に浜松市が政令指定都市へ移行した際に同地域自治区全域が浜北区となったことに伴い、浜北地域自治区は消滅した。
なお、浜北の由来は「浜松市の北」や「浜北町が成立した時に『浜名村』と『北浜村』の規模が大きかったため、一字ずつとった」としばしば勘違いされている。しかし、実際は「浜名郡の北方に位置すること」が由来である。(ウィキペディアより)
まろり~なちゃま、いつもありがとう♪(#^ー゚)v。

■2010年11月3日
1391

今回のマンホールは静岡県浜松市の消防車の消火栓マンホールです。今回、まろり~なちゃまからまたまた本館掲示板のほうに投稿していただきました。かわいいですよね。いつもありがとうございます。

1390

まろり~なちゃまから、こんなメッセージとともにこの画像もいただきました。『まっとさ~ん!マンホールじゃないけど可愛かったので送っちゃいます♪浜松駅北口の歩道に貼り付いてます。中身は市のシンボルですよ~。』
音楽を表す音符に五線、そして、うなぎちゃんもいますよね。なんかワクワクしちゃいます。

♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*

◇静岡県浜松市
県庁所在地でもなく、大都市の近郊にも位置していない都市としては、戦後、全国的にも珍しい発展を遂げていた浜松。平成17年7月には、天竜川・浜名湖地域の周辺12市町村の合併により静岡県下最大の都市となり、平成19年から、全国で16番目の政令指定都市として新たな歩みを始めています。
現在の人口は約82万人。平成17年の合併後、市の総面積はそれまでの約6倍の、1511.17平方キロメートルに。これは、岐阜県の高山市に次いで全国で2番目の広さです。
浜松市の中野町は、江戸時代は江戸と京都を結ぶ東海道の真ん中にあることから、『中野宿』と呼ばれた宿場町とも言われています。東京と大阪という二大都市のほぼ中間地点、日本全体で見てもど真ん中に位置する利便性が、浜松の産業や活気を支えています。
南は碧く美しい海と広大な『中田島砂丘』を抱く遠州灘、北は緑深き赤石山脈の山々、東は鮎おどる天竜川、そして西には600種類の命を育む浜名湖。四方を、海、川、山、湖に囲まれ、四季折々多様な恵みと景勝を楽しませてくれます。
浜松は日照時間が長く気候が温暖です。野菜や果物、花などの農業生産高は全国上位(平成18年は全国4位)で、農業のまちでもあります。しかし冬は『遠州のからっ風』と呼ばれる北西の強い季節風が吹き、気温は比較的高いのに寒く感じられます。
ヤマハ、カワイ、ローランドなど、世界的な楽器生産地であることをバックボーンに、“楽器のまち”から“音楽のまち”へ進化中。浜松国際ピアノコンクール、浜松吹奏楽大会、浜松世界青少年合唱祭、やらまいか音楽フェスティバルなど、国際規模から市民の手作りコンサートまで、あらゆる音楽活動を展開。また、世界各地の楽器を展示した楽器博物館は音楽のまちのシンボルです。
市の木 マツ
市の花 ミカン
市の鳥 ウグイス

■浜松市のHPもご覧ください
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/

静岡県は我々ピアニストにとって、日本のメーカー、ヤマハ、カワイが工場を持つ街です。縁が深いんですよね。
まろり~なちゃま、いつも本当にありがとう。

■2010年7月2日
986

今回もブログお友達のまろり~なちゃまから画像を頂戴いたしました。変電所の前で撮影されたそうです。まろり~なちゃま、本当にありがとう。

名物浜松祭りの凧と凧場になる砂丘と遠州灘が描かれてます。空の雲も入ってます。
凧の中央に河川、左下に浜松市と書かれていますが、本物の凧には中央は各町のシンボル、左下には初子の名前が入るんですよ♪


「初凧」
浜松まつりの特徴のひとつは、「都市まつり」ということ。東京の天下祭りや京都の祇園祭と違って、神社仏閣の祭礼とは関係ない“市民参加”のまつりなのです。
浜松まつりの始まりは、一説によると今からおよそ440余年前の永禄年間(1558~1569年)に、当時の浜松を治めていた引間城主の長男誕生を祝って城中高く凧を揚げたことが、凧揚げの起源であると言われていますが、記録としては定かではありません。
なお、記録に残っているものとしては、寛政年間(1789~1800年)の記録に凧の記述がみられます。「遠州のからっ風」と呼ばれる強い風が吹くこの地は、気候的にも凧揚げに好条件であり、子供の誕生を祝う「初凧」の伝統は、浜松まつりとして現在までこの地に根付いています。
「凧の大きさ」
凧合戦に使用する凧の大きさは、2帖から10帖までで、4帖から6帖が最も適しています。 1帖は美濃大判紙12枚で1.25m四方ですから、4帖は48枚で2.4m、6帖では72枚で2.9m四方。10帖となると120枚で3.64m四方にもなります。
「凧揚げ合戦」
凧があがって安定したらいよいよ合戦に向かう。凧の位置を直視しながら別の凧で糸をからませていく。凧と糸が直線になるように移動する。合戦は糸を引いたり出したりし、また、凧が落ちないように絶えず見ながらかけ声を掛け合い、それを止めないようにする。

合戦は糸(麻糸)をこすり合って、その摩擦で切っていく。また、引く時「てぎ」を使って引くと早く引くことができ、その分摩擦が大きく糸を切りやすい。午後3時頃まで続き、凧が切られたり、落ちた場合は次の凧を揚げていく。大体5~10枚位用意する。
(浜松まつり公式サイトより)

◇ 浜松市
中世に浜松と呼称されるようになったことが、史書にもある。元は曳馬(ひくま)という地名だった。徳川家康が曳馬(引馬)を浜松と改めたことで、以後、浜松として定着する。 (元来、曳馬城の近郊に濱松という町があった。家康が曳馬城を元に増築した城を名付ける際、町の呼び名に因んで濱松城とした)

◇気候
平野部の気候は温暖で、2月でも晴れた日には上着なしで外出できる日もある。しかし、「遠州のからっ風」と呼ばれる強い季節風が吹くため、気温以上に寒く感じられる日も多い。山間部は夏になるとフェーン現象により、全国一の高温を記録することもある。山間部の天竜区水窪町が豪雪地帯に指定されている一方で、沿岸部の浜松市中心部(中区・西区・南区)は降雪量累計の平年値が0cmであるなど地域差が大きい。
◇地形
南部の平野と北部の山間で構成され、面積は高山市に次いで全国で2番目に広い。豊かな自然に囲まれており、北部は赤石山系、東部は全国でも有数の流域を持つ天竜川、南部は広大な砂丘からなる遠州灘、そして西部は浜名湖と四方を異なる環境に囲まれているため、市内各所に舘山寺や奥浜名湖、弁天島、白倉峡などの景勝地がある。

市の木 マツ
市の花 ミカン
市の鳥 ウグイス
(ウィキペディアより)

■2010年7月1日
987

今回もブログお友達のまろり~なちゃまから画像を頂戴いたしました。変電所の前で撮影されたそうです。
まろり~なちゃま、本当にありがとう。


静岡県浜松市の中部電力のマンホール。このロゴ・・・本当に古いのであります。★まっと★さんが子供の頃だったんじゃないかなぁ・・・
最近のロゴは・・・・
http://www.chuden.co.jp/corpo/publicity/press2007/0402_1.html
↑このようになっています。

ロゴも少しずつ進化しているようですが、最近ではこのロゴばかりでマンホール画像のロゴは見かけることがなくなってきました。貴重な画像になるかもしれませんね。


◇ 中部電力
中部電力株式会社(ちゅうぶでんりょく、英: Chubu Electric Power Co.,Inc.)は、中部地方を主な営業地域とする電力会社である。
略称としては中電(ちゅうでん)が使われるが、日本の中国地方を事業地域とする中国電力も中電と略されることがある(ただし、最近の中国電力は「中電」を用いず、「エネルギア」の愛称を用いている)。そのため、株式市場では中部電力は「中部電」、中国電力は「中国電」と呼ばれている。また、かつては英語名の頭文字を取ったCEPCOが略称として使われていた時期があり、ウェブサイトのドメインもcepco.co.jpが用いられていた。
(ウィキペディアより)

■2010年6月23日
960

今回のマンホールは静岡県浜松市の消防車の消火栓マンホールです。今回もまろり~なちゃまから投稿していただきました。かわいいですよね。いつもありがとうございます。

◇静岡県浜松市の気候
平野部の気候は温暖で、2月でも晴れた日には上着なしで外出できる日もある。しかし、「遠州のからっ風」と呼ばれる強い季節風が吹くため、気温以上に寒く感じられる日も多い。山間部は夏になるとフェーン現象により、全国一の高温を記録することもある。山間部の天竜区水窪町が豪雪地帯に指定されている一方で、沿岸部の浜松市中心部(中区・西区・南区)は降雪量累計の平年値が0cmであるなど地域差が大きい。

◇静岡県浜松市の地形
南部の平野と北部の山間で構成され、面積は高山市に次いで全国で2番目に広い。豊かな自然に囲まれており、北部は赤石山系、東部は全国でも有数の流域を持つ天竜川、南部は広大な砂丘からなる遠州灘、そして西部は浜名湖と四方を異なる環境に囲まれているため、市内各所に舘山寺や奥浜名湖、弁天島、白倉峡などの景勝地がある。

市の木 マツ
市の花 ミカン
市の鳥 ウグイス
(ウィキペディアより)

■2010年6月23日
961

今回のマンホールは静岡県浜松市の消防士さんと消防車の消火栓マンホールです。今回もまろり~なちゃまから投稿していただきました。かわいいですよね。いつもありがとうございます。

◇静岡県浜松市の地名の由来
中世に浜松と呼称されるようになったことが、史書にもある。元は曳馬(ひくま)という地名だった。徳川家康が曳馬(引馬)を浜松と改めたことで、以後、浜松として定着する。 (元来、曳馬城の近郊に濱松という町があった。家康が曳馬城を元に増築した城を名付ける際、町の呼び名に因んで濱松城とした)
市の木 マツ
市の花 ミカン
市の鳥 ウグイス
(ウィキペディアより)

■2010年6月8日
913

なんともわかりやすい消火栓ではありませんか。
ソネットブログで仲良くさせていただいている静岡県にお住まいのまろり~なちゃまから画像をいただきました。

マンホールも本当に数多くありますが、消火栓はわかりやすいようにでしょうか・・ご当地ものもありますし、このように消防車、そして消防士、名古屋は・・イルカさん・・・本当に様々です。
とっても楽しいですよねぇ。

■2010年5月26日
857

今回は静岡県浜松市のマンホールであります。
これもまたいいですねぇ~~☆

街のシンボルであるツバメちゃんと松があしらわれています。
なんともカワイイじゃないですかぁ・・
.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪

他にも遠州灘と萩の花が描かれているのですね。
浜松の観光名所とシンボルがみんなみんなそろってるんですねぇ。


****************

日本各地、本当にたくさんのマンホールがあります。とてもとても集めきれませんが、皆様のお住まいの町にもきっと素敵なマンホールがあるのでしょう。是非ともお写真をいただけたらうれしいです。
100キロ程度の画像でしたらhttp://takashi-fukuyama.blog.so-net.ne.jp/2011-04-01-1にございます★まっとらんど★掲示板に写真をアップロードしていただくことができます。
また、メールフォームからも写真の添付ができるようになりました。是非ともご利用いただき、お写真を頂戴できましたら、とってもうれしいです。http://takashi-fukuyama.blog.so-net.ne.jp/2011-03-31-3←こちらのメールフォームをご利用ください。
何卒よろしくお願いいたします。
HN,ブログやHPのURL、マンホールを撮影した場所などコメントを添えてお送りいただくととてもうれしく思います。

****************
nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 8

まろり〜な

消火栓の中のマークは静岡県のマークだと思います。
ちょっと略式かも♪
そうそう!由比のマンホールも撮ってきましたからまた送りますね。
by まろり〜な (2010-11-03 22:47) 

Fuel

まっとさん こんばんは
浜松のマンホールはカラフルで綺麗ですね。
♪がまっとさんにぴったりではないですか。
私もなかなかマンホールの写真がアップ出来ません。
申し訳ないっす(笑)
by Fuel (2010-11-03 22:54) 

★まっと★

まろり~なちゃま(*^_^*)
この消火栓初めてです。いつもいつもありがとうございます。
由比のマンホール・・桜エビでしょうか??
とっても楽しみです。
(*^_^*)

Fuelさん
本当に音楽の街、浜松ですからねぇ…誰もがイメージする楽譜ですよね。
いえいえ・・Fuelさん、お忙しいのにこうして御来訪いただけるだけでもめちゃくちゃうれしいです。
by ★まっと★ (2010-11-04 14:02) 

youzi

消防車の柄もいいな〜って思いましたが、
色のついた方は本当に素敵ですね。
蓋にしておくのはもったいないくらいですね。
by youzi (2010-11-05 20:21) 

★まっと★

youziさん(●⌒∇⌒●)
色の付いたものもたくさんあります。
でも、一つずつがほんとうに特徴があってすばらしいですよね。
by ★まっと★ (2010-11-10 06:00) 

アルマ

すいません、ミスで一個引佐の画像添付していなかったみたいです(^_^;)
豊橋のはダブりでしたのでこちらは画像アップミスした掲示板の方は削除しておきました<m(_ _)m>
by アルマ (2013-04-02 11:56) 

★まっと★

アルマさん(●⌒∇⌒●)
とってもうれしいです。
ありがとう♪(#^ー゚)vございました。
by ★まっと★ (2013-04-02 12:19) 

★まっと★

アルマさん(●⌒∇⌒●)
豊橋。。。。ありましたねぇ。。
ありがとう♪(#^ー゚)vございました。
by ★まっと★ (2013-04-02 13:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント