So-net無料ブログ作成

熊蜂の飛行 by コルサコフ (編曲:ラフマニノフ) [YouTube 動画]



2008年コンサートツアー名古屋公演の収録です。
熱田文化小劇場
使用ピアノ:スタインウェイD型

熊蜂の飛行(ウィキペディア)
(ロシア語:Полет шмеля)(英語 : Flight of the Bumblebee)は、ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフが作曲した曲。「くまんばちの飛行」、「熊蜂は飛ぶ」、「くまんばちは飛ぶ」等とも訳される。
アレクサンドル・プーシキンの原作に基づき1889年から翌年にかけて作曲された歌劇「サルタン皇帝」(ロシア語:Сказка о царе Салтане)の第3幕で、主人公のグヴィドン王子が魔法の力で蜂に姿を変え、悪役の2人の姉妹を襲う場面で使われる曲である。ラフマニノフ等によりピアノ曲やヴァイオリン曲等に編曲され、熊蜂の羽音を模した親しみやすい曲調もあって広く知られている。また、シフラがピアノ独奏用に編曲した版は、ピアノの難曲として知られている。またフレディ・マーチン楽団が発表した「バンブルブギー Bumble Boogie」という名でジャズの形でも演奏される。
演奏者のテクニックを示す為に、様々な楽器でしばしば演奏される。バイオリン、トランペット、胡弓、はてはチューバで演奏された例も有る。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント