So-net無料ブログ作成

福山孝ピアノリサイタル2015 with Karen 名古屋公演 [演奏会記録]

2015年11月20日(金曜日)に名古屋・名古屋文化小劇場にて
福山孝ピアノリサイタル2015 with Karen 名古屋千秋楽公演が開催されました。

2015112117534902.jpg


♪~~コンサートレポート~~♪
千秋楽当日、カレンは早朝から岐阜へ通常の仕事のために出かけていきました。自分は一日休みの予定になっていたので、午前中を自宅で過ごしました。
午後になりカレンが義父から帰宅しました。家での最終調整・・・二人での合わせ稽古を済ませ出発準備。午後4時ごろに自宅を出発しました。
2015112016162100.jpg

会場に到着したら、当日お手伝いをお願いしていた学校の教え子で卒業生のユタカ君がすでに到着していて駐車場で待っていてくれました。荷物の搬入をして会場の設営、グッズ販売ブース、楽屋など、演奏会前にはすることがそれなりにたくさんあるんですよね。
ピアノ調律のてっちゃん(宮北哲也氏)はピアノのほうも完璧にアップしてくれていました。自分が100%の信頼を置く名古屋の調律師てっちゃんです。リハーサルはもういいかも・・・なんて思っていたのですが、てっちゃんのほうから自分が心配だからピアノ触ってくださいって言ってくれちゃったので、ちょっとだけリハーサル。毎年のことながら本当に安心して触れるピアノに仕上げてくれていました。美しい音色、そしてきっとピアニスト:福山孝をイメージして音色を仕上げてくれているのだといつも感心してしまいます。ソロの楽曲をそれぞれ少しずつ、そしてカレンとの連弾もドリー組曲終曲のスパニッシュダンスを一通り演奏してリハーサルを終えました。
リハーサルを終えて録音用のCDRを持参することを忘れちゃったこと・・・・思い出しました。こちらは若干お高めですが、会場で購入することが可能だったのでやれやれ・・・・。あとあ2014年分の販売用に作成したCDをこれまた自宅に忘れてしまった音に気付き、母親に電話して会場に持ってきてもらいました。あーーーー、忘れ物がないように何度もチェックしたつもりが、結局なかなか完璧にはなれない自分であります。
スタッフ全員もそろい、あっという間に開場時刻が迫ってきました。少々早めでしたが、18時25分くらいに開場しました。夜になりちょっと外は寒さが感じられました。皆様が入場をお待ちでした。とっても嬉しかったです。
自分は英国で購入した黒のフロックコート、カレンは真っ赤なフロントスリットのコンシャスドレス。
2015112101135500.jpg

残念ながら自分の画像は着用時間も短かったし撮影できませんでした。

いつも通り18時50分までホワイエでお客様をお迎え入れし、楽屋に戻りました。前半の衣装に着替えスタンバイ。前半はお気に入りのグレーの燕尾服。
2015112101162700.jpg

楽屋にてカレンとともに。。。。

定刻スタート予定が二分ほど遅れてしまいました。後部ドアーが閉まらないことと影アナを忘れてしまったことで舞台袖はなんとなくパニック・・・・。18時02分にスタートしました。
2015112117483900.jpg

2015112117515100.jpg

2015112117515101.jpg

2015112117515200.jpg

2015112117515201.jpg

2015112117515202.jpg

ソロの演奏。MCをはさみながらショパンの作品が続きました。得意とするショパンの作品でしたが、4曲目。。。。エチュードより「別れ」子の楽曲は大好きなのですが、一か所どうしても苦手な部分があり、繰り返し稽古も積み重ねてきたのですが、完璧なロスト。何年振りでしょうか。かなり気持ちはパニックしましたが、何とか持ちこたえようと努力してもどうしても次の音が出てこない。あきらめて10小節ほど飛ばしました。そこまでの3曲の出来がよかっただけに非常に自分自身はショックでした。しかし、心の奥ではかなり冷静な自分がいて35年の節目の年にこのまま崩れていくわけにはいかないって思いました。次の革命のエチュードではとにかく自身をコントロールして完璧な演奏を・・・・・。納得のいく演奏ができたのでほっとしました。

皆様もご存じのように名古屋でのライブはこのまま毎年のCDとなり翌年にリリースされます。我々はスタジオ録音はしないでいつもライブをMCカットしてCD作成したり、2014年からはMCもそのままにして2枚組のライブCDにして販売しています。
通常ならば、あれだけの大きなミスをしてしまったら、ライブCDではカットしてしまえば済む話ですが、MC込みのライブとなると大きなミスをそのままCDりり^すするしかなくなってしまいます。
ですのでMCでミスの謝罪と革命のエチュードでのリベンジ成功のお話もさせていただきました。(笑)
この場でのMCはちょっと長かったです。続く幻想即興曲、幻想ポロネーズは体力的にもかなりきついものがあります。お話しながら手を休めたりして・・・・・。
幻想即興曲、幻想ポロネーズは特に横浜、大阪、札幌、名古屋の四公演の中でも最もよい出来栄えだったと自分では感じています。特に幻想ポロネーズでは自身が表現したい音楽のほとんどすべてが表現できたと非常に満足できる出来栄えでした。満足~満足。
まるで亡くなった今までにお世話になった師匠の皆さんが降臨して演奏させてくださったようにさえ思えた時間でした。演奏中は幸せな楽興の時でした。

ここで10分のインターバルをいただきました。
2015112101162700.jpg

後半がスタート。カレンの登場です。今年からは今までのプリンセスラインから一転してセクシー路線?のカレンはコンシャスドレスでの登場。黒と赤のツートーン。
2015112118111400.jpg

楽曲解説とともにMCをはさみながらドリー組曲を演奏。
2015112117534900.jpg

2015112117534901.jpg

2015112117534902.jpg

後半から登場のカレンの緊張は想像以上のものだと考えられます。気持ちをコントロールしながらカレンも必死で演奏しながら気持ちを落ち着けているのが隣で館じっらえました。
演奏のほうは午後の自宅での合わせ稽古ほどではなかったのですが、いい演奏ができたと思います。
久々にカレンのMC。
2015112118081000.jpg

2015112118081001.jpg

2015112118081002.jpg

2015112118111300.jpg

カレンの英語と日本語を織り交ぜてのMCにお客様も楽しんでいただけたようです。
続いて、スラブ舞曲。
2015112118063800.jpg

2015112118063801.jpg

2015112118063803.jpg

二人ともテンポのコントロールが課題でしたが、非常に気持ちよく演奏できました。
最後の威風堂々も2013年に亡くなった父と今年の6月に亡くなったカレンの父への思いを楽曲に込めて演奏できました。MCではこの楽曲にまつわるお話をしながら、自分のピアニストとしての35年間を頭の中で走馬灯のように振り返りました。年齢でしょうか、涙腺も弱くなってしまい、なんとなくポロリ・・・・・。
これからまだまだピアニストとして舞台に立ち続けようと心に決めることができました。
2015112118063802.jpg


今回は楽曲プログラムがかなりハードであったこともあり、アンコールは定番のシンコペーテッドクロックしかっ用意していなかったのですが、本編終了後、お客様もお席を立つ様子がなかったので続けてベートーヴェンのエリーゼを演奏。・・・・・・エリーゼが終わってもまだお客様がお立ちにならない・・・・。さぁ、どうしよう・・・・?そこでとっさではありましたが、威風堂々のエンディングをもう一度演奏させていただき、名古屋千秋楽の最後とさせていただきました。
客席にカレンとともに降り、ホワイエでお客様をお見送りして2015年のツアーすべての幕がありました。

年齢とともに確かに移動など大変ハードではありますが、毎年のツアーはやはり我々の大きな年間イベントとしてこれからも続けていく決心です。皆様に愛されるピアニストとしてこれからも精進し、現役を一年でも長く続けていくことがお客様への感謝の気持ちだと信じてがんばれそうです。

ご来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました。なにとぞこれからもよろしくお願いいたします。この先どれだけ続けていかれるのか未知数ではありますが、一年でも長くステージでお客様とともに楽興の時を過ごすことができればと思っております。

m_poster2015omote.jpg


福山 孝 ピアノリサイタル2015 with Karen  札幌公演
2015年11月14日(土)午後4時開演
渡辺淳一文学館(札幌・中島公園)
主催:まっとらんど 
後援:ティーライフ トゥレブル・クレフ たいようサウンドファーム

♪~~プログラム~~♪
■ソロ(オールショパン)
マズルカ Op.50-3
ワルツ Op.69-1
ノクターン Lento con gran espressione
エチュード Op.10-3 Op.10-12
幻想即興曲 Op.66
幻想ポロネーズOp.61

■連弾
組曲「ドリー」全曲/フォーレ作曲
スラブ舞曲 Op.46-1/ドボルザーク作曲
威風堂々第1番 /エルガー作曲

■アンコール
シンコペーテッドクロック/アンダーソン
エリーゼのために/ベートーヴェン
威風堂々第1番 /エルガー作曲
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント