So-net無料ブログ作成

2014コンサートツアー大阪公演レポート [演奏会記録]

コンサートツアー2014
福山 孝 ピアノリサイタル2014 with Karen  大阪公演
2014年11月9日(日)午後2時開演 
レッスンホール(大阪・肥後橋))
主催:★まっとらんど★ 
後援:トゥレブル・クレフ たいようサウンドファーム
入場料: 3000円

DSC_0975

DSCF4449


福山孝ピアノリサイタル with Karen 2014
Takashi Matthew Fukuyama Piano Recital with Karen 2014

2014omote_exsmall.jpg2014ura_exsmall.jpg

今年の大阪公演はお天気に恵まれなかったですねぇ・・・・
雨が一日降っていました。

2014-11-09T09-19-16-0018b

開演は午後2時でした。それにあわせて午前9時に自宅を車で出発。家を出る間では雨が降っていなかったのですが、ドアをあけると雨が降り始めて・・・・。
最初は自分が運転していましたが、途中でカレンと交代、二人で交代しながら大阪に向かいます。若かった頃はとにかく早く目的地に到着したいのであまり休憩を取らなかったのですが、最近はサービスエリアなどでの休憩も移動の大切な楽しみになってきました。
途中であれこれ食べたり、のんびり景色を見たり・・・まぁ、今回は雨であまり景色を楽しむことはできませんでしたけどね。

2014-11-09T10-09-44-dceda

無事に大阪に到着したのは1時ごろでした。

DSC_0958

DSC_0959

DSC_0960

毎年お世話になっているこの会場、やっぱり好きだなぁ。とってもコンパクトサイズですが、今年2月にピアノを入れ替えたとのことで、まだまだ若いピアノで、ピッカピカでした。お天気も良くなかったので、ピアノが若干苦しそうでかわいそうでした。湿度には弱い楽器ですから安定できなかったのかもしれません。

カレンとちょっとだけリハーサル。そして会場の設営など準備をしてから早速着替えました。

いつもどおり定刻に演奏会をスタート。前半のモーツァルトはとてもリラックスして演奏できました。今回、置きゃ様にFBで仲良くさせていただいているポーランドの音楽院のず~~っと後輩になるのかな・・・ピアニストのMisuzuさんもご来場くださっていたのですが、我々ピアニスト同士って結構緊張するものです。でも、初めてリアルでお会いして本番前にもお話をさせていただいたのですが、とっても素敵な女性で、ポーランドといえばショパンなんですが、今回はショパンはプログラムに組んでいないので、自分なりのモーツァルトを演奏させていただきました。

小さな会場だけにお客様とお話をしながらの進行になります。カレンも客席に混ざって、皆さんと一緒に聞いてくれました。大阪公演の衣装はマオカラーのブラックタキシード。白のベストを着用して赤のチェックのネクタイ。
午後の演奏会でしたのであまり派手なものではなくかなり落ち着いた雰囲気の衣装にしました。

小さな会場なので休憩も若干短めで後半をスタート。カレンは真っ赤なマーメイドドレス。初めて着用するドレスでしたがとっても似合っていました。o(*'▽'*)/☆゚'・:*☆

received_662011793911960.jpeg

後半もMCなどをはさみながら進行。最期の威風堂々まで演奏し、いつもどおりの二曲のアンコール。
とっても楽しい演奏会になりました。
終演後、皆さんと写真セッション。

DSC_0964.JPG
Misuzuさんと一緒に

是非、Misuzuさんとはステージをご一緒したいものだと思いました。機会を見つけてご一緒にステージができたら楽しいだろうなって思います。

IMG_0609

DSC_0963

DSC_0961

おしゃべりも楽しんだ後、早速着替えて名古屋に帰ることに・・・・・・
往路は東名阪、西名阪で向かったのですが、帰路はナビが名神を案内してくれたので、名神で帰ってきました。途中渋滞表示もありましたが、まったく渋滞にはまることも。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。名古屋まで帰ることができました。また、来年も大阪にはうかがいます。よろしくであります。

1415623758596

1415623753099

これで今年のツアーも半分を終えてしまいました。
今週末の札幌公演、そして、来週20日の名古屋千秋楽があります。
皆様のご来場をお待ちいたしております。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント