So-net無料ブログ作成

実はちょっと怖かった・・・・ [『ぶん★文★ぶん』]

1998年に急性膵炎で入院したのが思い出される。

1998年5月5日、両親の結婚記念日・・・・
14年も前の話になるのだが・・・・
なぜか両親の結婚記念日なのに、
母がしゃぶしゃぶを用意してくれた。
勿論外食ではなく両親の家(隣)。

そして、夕食を食べていても何となく胃のむかつきを感じていた。
お腹の調子も数週間前から安定していなくて、
数日前からその症状は続いていたのだが、
下痢が続いていた。

普段食べられる量のお肉が食べられない。
勿論自分たちで用意した肉ではないので、
良質の牛肉だ。(母はこういうときは奮発してくれる)
しかし、なんともビールを飲んでも調子が悪い。
そのうち、食欲どころか、冷や汗が出てくるような状態。
食事を中断して自分の家に戻った。
冷えてしまったのか・・・?お風呂に入ってみたりもした。
しかし、何となく収まらない。

翌日からその症状はどんどんとひどくなりながらも、
GW明けで仕事は通常ルーティンでスケジュールはいっぱい。
二週間後の5月19日。夕方自宅に戻り、自宅での仕事の予定。
しかしながら、なんとも身体が動かないほどに胃がもたれている。
夕方から自宅でのお弟子さんのレッスンが入っていたが
とりあえず電話でキャンセル。

★カレン★の仕事が終わるのをベッドで待つことにした。
しかしながら★カレン★の仕事は夜9時まで・・・・。
段々と胃のもたれは痛みに変わっていき
耐えられないほどの痛みとなっていた。
★カレン★が仕事を終えて二階へ。。。

とにかく病院に連れて行ってくれと★カレン★に頼んだ。
近い大きな病院というと・・・・名古屋記念病院。
いや、緑市民病院のほうがいいって思った。
★カレン★に緑市民病院まで来るまで走ってくれるように頼んだ。

緑市民病院に近くなったら・・・・・・
自分が勤務する知多市立看護専門学校のとなりの知多市民病院。。。
来るまでこの時間(夜10時ごろ)なら30分もあれば到着するだろう・・・
・・・と、思った。
★カレン★に知多まで走ってくれるように頼んだ。。。

いやぁ・・つらかった。・・・・
車が揺れるたびに激痛が走った。
でも、★カレン★も必死に走ってくれた。

知多市民病院に到着した。
そして救急の受付・・・・検査など・・・・・

結果は急性膵臓炎・・・そのまま入院。
初日はナースステーションに泊まらされた。
そして個室へ・・・・(一般病棟の用意が出来るかで)
そして、数日後、大部屋に移された。

治療は絶食・・・・24時間の点滴
食べられないことは苦にならなかった。
・・・それよりもなんといっても痛くて。。。。。
本当につらかった・・・・

実際にこんなに痛いなら死んでもいいって思えたほどの痛みだった。
一ヶ月ほどの入院で病院を後にすることが出来た。
仕事に穴を開けることになって、自分はかなり凹んでいたのだが・・・

ただ、、、通常、膵炎は背中が痛くなると聞いているのだが・・・・
自分はみぞおち辺りがとにかく痛かった・・・苦しかった・・・・。



そして14年後・・・・・先々週辺りから何となく胃が痛い・・・
いや、胃のむかつき・・・だるい・・疲れやすい・・・・
とにかくやたらだらだらとした症状が続いていた・・・。
★カレン★が心配しているのはわかっていたが、
膵炎ではないぞって自分に言い聞かせていた。

まず、四六時中胃飲むかつきを感じるのではなく
時々その痛みが消える。
また、食欲がなくなるわけでもない。
また、下痢も起こしていない。

14年前の経験から考えるととりあえず膵炎ではないなって思った。
しかし、お医者様に尋ねるまで、診察を受けるまで、不安で仕方なかった。
今、この季節の入院は絶対にイヤだ!
新学期を目前にしてこの時期に入院できるわけがない。

三日前の月曜日に血圧のお薬がなくなったので、
いつものクリニックに出かけた。
血圧のお薬、尿酸値を抑えるお薬、
成人病といわれる症状が次から次へと現れる年齢・・・・・
いやいや、健康的な生活を送っていない証なのだろうか・・・
とりあえず、あれこれ成人病をヒットしている自分が情けないところに。。。。
膵炎の再発なんて絶対に(ノ-_-)ノ ~┻━┻イヤ!!
お酒だって控えてるし、ね。

それで先生に色々と相談してみた。
下痢がないというのは大きなポイントで、
採血や尿検査などの今までの結果を見ながら、
最近CMなどでもよく耳にする『逆流性食堂炎』ではないかとの診断。
またまたお薬をいただいた。

実は今まで血圧のお薬は朝だけ。
しかし、尿酸のお薬が一日3回(毎食後)。コレが朝しか飲めていなかった・・
要するに3分の1しかお薬が減っていかないことになる。
毎月の検診だから・・本来は毎月いただくお薬が三ヶ月に一度になっていた。
今回、逆流性食堂炎のお薬は朝一度のお薬と毎食後のお薬の二種類。
二週間分処方された。
よって、お薬をちゃんと飲むことが出来そうだ。
ヾ(@゚▽゚@)ノ ぎゃはは・・・・・ヾ(@゚▽゚@)ノ
ただ、一日に飲む薬の量が・・多いなぁ・・・・。
仕方ないかぁ・・・

そんなわけでこの3日間逆流性食堂炎のお薬を飲んでみた。
なんともなくなっちゃった!!
胃のむかつきも感じないし痛みももたれもない。
やれやれ・・・でも、と~~~~っても心配した。
もし膵炎の再発だったら・・・ってね。
よかったぁ~~★

ただ、まだまだ疲れやすさとだるさは否めないんだけどなぁ・・・・。
まぁ、春休みで学校も休みだし・・・
それもよろしくないのは事実だね。
……(-。-) ぼしょ・・・・
どうしても、行動力も無くなってしまうよ・・・・・。

yッパリ健康h亜ありがたい・・
これから若くなれるわけではないんだから。。
自分の身体を大切にしなくちゃね・・
やっぱりダイエット・・・・必要かも。。。。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント