So-net無料ブログ作成

福山 孝 ピアノリサイタル2008 with Karen 岐阜・白川公演 [演奏会記録]

福山 孝 ピアノリサイタル2008 with Karen
白川公演
2008年11月08日 午後1時30分開演 
光の子保育園(岐阜・白川)

■プログラム
♪主よ人の望みの喜びよ・・・(バッハ)
♪アベッグ変奏曲・・・(シューマン)
♪月の光・・・(ドビュッシー) 
♪亜麻色の髪の乙女・・・(ドビュッシー)
♪ピアノ連弾のための小曲集・・・(ドビュッシー)
  小船にて 
  行列 
  メヌエット 
  バレエ
♪熊蜂の飛行・・・(コルサコフ)
♪舞踏への勧誘・・・(ウェーバー) 
♪アメリカンパトロール・・・(ミーチャム)
♪ラデツキー行進曲・・・(シュトラウス)
♪美しく青きドナウ・・・(シュトラウス)

■アンコール
シンコペーテッドクロック・・・アンダーソン

75.gif76.gif

■演奏会レポート
78.gif11月8日は朝、長野を出発して岐阜白川町に向かいました。飯塚君がオーガナイザーとして光の子保育園の芸術鑑賞会の一環として福山 孝ピアノリサイタル2008with Karenを企画してくれました。愛知からカメラマンの蜂須賀君も駆けつけてくれました。
我々が白川に到着したのは午後1時過ぎで、お昼過ぎには白川入りしてくれていた蜂須賀君と合流。そして飯塚君の自宅にまずはお邪魔しました。連日の演奏もあり、少々疲れ気味の自分は飯塚君の自宅にあるマッサージチェアーで疲れを癒し、カレンと蜂須賀君はコタツでのんびり。
午後4時30分には今回の会場となる光の子保育園にお邪魔しました。蜂須賀君は飯塚君の車に乗り込み、我々は衣装などがあるので、自分の車で会場に入りました。園長先生にご挨拶をして保育園の遊戯室に案内されました。とても可愛くセッティングされていて感激しました。
自分は今までにも何度かこの会場で演奏させていただいていますが、カレンは今回が初めてのこと。そして、何よりもカレンがこの保育園のピアノをとても気に入った様子でした。音色はかなり以前の自分の印象よりもかなり飛ぶように感じられました。気候や感想などによるものでしょうか。

81.gif83.gif

定刻よりも数分遅れての開演となりました。主催者や演奏のご挨拶の後、飯塚君から我々をお客様に紹介していただき第一部が始まりました。最初は自分のソロで「主よ人の望みの喜びよ」から始まり「アベッグ変奏曲」へとつづきます。勿論園児のための芸術鑑賞ですから、最前列には年長の園児たち。シューマンの「アベッグ変奏曲」が終了すると一人の子供から「あぁ~長かったぁ~。」と声が漏れました。79.gif入場してくださったお客様の顔ぶれを見て、これは前半のプログラムはちょいとおもたいなぁって思ったので、リピートをはずしてできる限り短くしたのですが、それでも5歳の園児にはかなりきつかったかもしれません。そして、ドビュッシーの「ツキノヒカリ」、「亜麻色の髪の乙女」とソロで演奏したのですが、あれだけ稽古したはずなのに、こっそりと「亜麻色~~」ではこけてしまいました。とても悔しい思いをしました。通常でh考えられないようなスリップだったので若干動揺しましたが、何とか立ち直ることが出来ました。カレンはブルーのアメリカンショルダーチャイナでしたが、寒さをとても心配したので、ウールのショールとフリースのひざ掛けを用意し、ステージにカレンの席を用意していただきました。自分のソロの時間はカレンはステージ上で待っているわけですから身体も手もひえきってしまうだろうととても案じていたのですが、笑顔でカレンはステージに上がってきてくれました。そして、ドビュッシーの「4つの小品」を演奏。いつもどおりMCを織り交ぜながらのコンサート進行です。小さなお子さんが多いので、できる限りわかりやすい言葉でMCを入れるように心がけました。

86.gif87.gif

前半を終えて、カレンのお色直しのためトイレ休憩を5分ほど頂き、後半へ広範へ。後半のも自分のソロでのスタートです。「熊蜂の飛行」からスタートして。MCには言ったのですが、そこで、二曲目に何を演奏するのかどうしても頭から出tこない状態に陥り、少々パニック。今回は三本目の秋のシリーズのはずなのに・・・・。しかし、シリーズのさなかに中学校でのライブや★洋子ママ★のリサイタルでの伴奏などが入り組んだスケジュールで前日にはまったく別のプログラムを演奏したということもあって、頭の中が真っ白になってしまいました。こういうときはどうしたものか・・と考えたのですが、園児と共に最前列にいらっしゃった園長先生のプログラムを見せていただき、「舞踏への招待」を演奏しました。ちょっと恥ずかしかったですね。

92.gif91.gif

そして後半の連弾プログラム。子供達もよく知っている「アメリカンパトロール」、「ラデツキー行進曲」、「美しき青きドナウ」とプログラムが進行しました。後半のカレンの衣装はロイヤルブルーのベルベットにショッキングピンクの薔薇の花をあしらったドレス。この衣装は今までにも何度か着用しているのですが、珍しく長袖のベルベットなので暖かいだろうということで白川に持ち込みました。ところが、後半は保育園の遊戯室そのものが非常に気温が上がっていたので、カレンは真夏のような暑さだったといっていました。自分も首の後ろに汗が伝わるのを感じました。非常に暑かったです。
今回、休憩時間も短かったことがあり、自分はカレンの着替えを手伝っていたので、とても自分の着替えをする時間がありませんでした。よって、前半と同じ衣装で後半も演奏しました。
全てのプログラムを終了して、時間も子供達にとってはかなり遅くなってしまいましたが、アンコールとして「シンコペーテッドクロック」を一曲だけ演奏してリサイタルは終了しました。

98.gif97.gif
89.gif96.gif

そして、コンサート終了後、PTA会長のご挨拶を頂き、父母の会のみなさんが焼いてくださったケーキがお客様皆さんに飲み物と共にくばられ、我々もお客様と一緒にいただきました。おいしかったです。その後、★まっと★グッズの販売をさせていただき、CDや携帯ストラップ、お煎餅などをお買い求めいただきました。とても楽しい演奏会となりました。
光の子保育園の園長先生をはじめ皆さん、そして飯塚君にも大変お世話になりました。ありがとうございました。そして、また是非次の機会にも皆さんに我々の演奏を楽しんでいただきたいと思っています。これで秋のシリーズも3本を終えました。次は鹿児島、札幌、横浜、名古屋の千秋楽まで4本の本番となります。一つ一つの演奏会を心を込めて演奏して28日の名古屋での千秋楽までがんばります。
福山 孝&カレン

撮影:蜂須賀 宏明

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。