So-net無料ブログ作成
検索選択

芸術公演 福山 孝 ピアノリサイタル  [演奏会記録]

天白文化小劇場 芸術公演 福山 孝 ピアノリサイタル 
2007年05月18日(金)午後7時開演
天白文化小劇場(名古屋・天白区)
入場料 2000円

◇◇Programme◇◇
第1部
二つのアラベスク・・・・・ドビュッシー

亜麻色の髪の乙女・・・・・ドビュッシー

25の練習曲より
清いながれ
なぐさめ
スティリアの女・・・・・ブルグミュラー

愛の挨拶・・・・・エルガー

愛の夢 第3番・・・・・リスト

第2部
ノクターン 第2番・・・・・ショパン

エチュード『別れ』・・・・・ショパン

エチュード『革命』・・・・・ショパン

蚤のワルツ・・・・・ランゲ

ハンガリー舞曲 
第5番 第6番・・・・・ブラームス

ドリー組曲より
『子守唄』『スペイン舞曲』・・・・・フォーレ

39.jpg38.jpg
48.jpg47.jpg

■演奏会レポート
2007年5月18日、名古屋市文化振興事業団の芸術公演というお冠をいただきまして、リサイタルを開催することができました。
昨年、緑文化小劇場でその後案内をいただき、名古屋市内各区にございます文化小劇場での公演募集のお知らせというものでした。
2007年は秋のツアーが今まで以上に充実し夏のツアーを予定する余裕がなさそうでしたので5月か6月の公演ならば何とかできるのではないかと思い、応募することにしました。緑文化小劇場からのお誘いでしたが、地元ということもあり今回天白文化小劇場で申し込ませていただいたのですが、芸術公演として選出していただくことができました。一年弱の準備期間がありましたが、文化振興事業団からの規制も多く、すべての印刷物は再生紙、印刷物の原稿も文化振興事業団からの校正がはいり、主催も★まっとらんど★だけではなく名古屋市文化振興事業団との共催という形になるので致し方ない部分があります。
実際問題、スムースにことが運ぶものではありませんでしたが、何とか演奏会当日を迎えることができました。

演奏会当日
★まっと★自身は朝から一応スケジュールを空けていましたが、★カレン★は午前中の出勤を考えていました。
午前中、部下の授業見学&アドバイスの予定でしたが、早朝に部下より電話。体調不良のため出勤できないとのこと・・即ち、★カレン★も出勤の必要がなくなり午前中はゆっくりできました。
★まっと★も★カレン★もまだ衣装を決めていなかったので、朝から衣装を決めなくてはなりませんでした。
★カレン★はベルベット・・・・・というのですが、
この季節見るからにもう暑苦しいのではないかと★まっと★・・・でも、★カレン★はお気に入りの赤のベルベットが着たいとのこと。
早速、何度からベルベットのドレスをおろし、★まっと★は燕尾服を下ろしてきました。朝から★まっと★はソロの稽古をしていましたが、天白文化小劇場でのリサイタルも9年ぶり。
緊張感がなんとなくテンションを押さえ気味になり、
少々イライラ星人になっていましたが、稽古をしているうちにだんだんと通常の自分を取り戻すことができました。

午後になり撮影担当の蜂須賀君が(★ピロピロ★)★まっと★邸に到着。3時をまわったころに家を出て10分ほどでホールに到着。調律の★てっちゃん★はすでにホールにて仕事を始めてくれていました。受付や楽屋のセッティング。そして、★Matt-B-rand★(今回はCDのみ)の販売ブース設営。CDは昨年の秋のシリーズ名古屋公演、『福山 孝ピアノリサイタル with Karen 2007 名古屋公演』の販売開始日となりました。
この新しいCDを中心にオルゴール、2000年リサイタルCD、ブルグミュラー25全曲収録CDなどを販売するブースでセッティングには思った以上の時間がかかってしまいました。
しかしながら、時間には余裕を持ってホールに出かけたのでまったく問題はありませんでした。

ピアノの調律もアップして、★まっと★はリハーサルへ・・・そして4手のリハーサルもスムースに運びました。ピアノはYAMAHA CFⅢ.
ここの会場ではいつもピアノとの相性はばっちりです。
★てっちゃん★の調律もいつもどおりばっちり!ただ、お天気が崩れるということだったので、本番での音色に少々不安がありました。ピアノという楽器もお天気や湿度などでその音色を変えてしまいますから・・・

今回は少々スタッフ不足で少々困惑していましたが、★もこちゃん★が会社勤務を終えて開場前に到着してくれました。6:15をまわったころ、★まっと★と★もこちゃん★と★カレン★で開場予定時刻(6:30pm)よりも早かったのですが、お客様も到着され始めたので開場にふみきりました。

続々とお客様が入場され始め、当日券も勢い良くうれていきました。うれしいですねぇ。
しかし、時間の経過とともに、お客様が濡れた傘をもって会場に上がっていらっしゃる・・・。
会場はビルの4Fで外のお天気が今ひとつ把握できないので、お客様の持ち物で外のお天気をうかがうといった感じです。
雨が降ってきたということはピアノの音に変化が・・・もう、開場してしまっているし、本番までピアノに触れません。
なんとなく大きな不安が心を通過していきました。
6時45分には衣装に着替えなくてはならないので
楽屋に引っ込みました。★まっと★は黒の燕尾服に着替え、出番待ち。最初の音を奏でるまではとても不安に感じました。
お天気。。。。。うらめしやぁ~~☆

♪前半のプログラム

二つのアラベスク・・・・・ドビュッシー
亜麻色の髪の乙女・・・・・ドビュッシー
清いながれ・・・・・ブルグミュラー
なぐさめ・・・・・ブルグミュラー
スティリアの女・・・・・ブルグミュラー
愛の挨拶・・・・・エルガー
愛の夢 第3番・・・・・リスト

定刻どおりのすたーとで、★まっと★はステージへ
アラベスクの最初の音が出たときに思ったよりも
音につやが出ていたので音量のコントロールに四苦八苦。
リハーサルとは違う!!・・・・・・そんな状態で
プチ・パニックの★まっと★でした。
楽曲が進むにつれて★まっと★もだんだん自分を取り戻し、二つ目のアラベスクでは思うように演奏できました。
各プログラムごとにMCを入れながらの進行。
無事に前半を終えることができました。

♪後半のプログラム

ノクターン 第2番・・・・・ショパン
エチュード『別れ』・・・・・ショパン
エチュード『革命』・・・・・ショパン
蚤のワルツ・・・・・ランゲ
ハンガリー舞曲 
第5番 第6番・・・・・ブラームス
ドリー組曲より
『子守唄』 
『スペイン舞曲』・・・・・フォーレ

とても有名なノクターンからのスタートで、とても引きやすかったです。
★まっと★もあちこちのリサイタルでアンコールやTV出演などでも演奏している大切なレパトワでもありますから。
そしてショパンが続きます。
別れ、革命。。。。。
やっぱりショパンを弾いているときの★まっと★が
一番自分らしいと思える時間ですね。
ショパン・・・大好きです。
後半の衣装はグレーの燕尾。
今回、新調した燕尾服です。

ショパンの演奏を終えて、★カレン★の登場となります。★カレン★は真っ赤なベルベットのドレス。
お客様から★カレン★の登場とともにため息が漏れ、歓声にかわりステージを暖かくしてくれます。
★カレン★はお客様の歓声にショーウーマン★カレン★に変貌します。
4手のプログラムはほとんど昨年の秋のリサイタルプログラムからの
楽曲ですので、★カレン★とともにステージにて
楽しい時間をすごすことができました。

しかしながら、、、、、やはり、ステージには魔物が・・・・非常にスムースにプログラムが進行していたのですが、終曲の『スペインの踊り』。
なんとなく★カレン★が楽譜を気にしているように
見受けられました。譜捲りに不安があったのかどうかわかりませんが、少々不安げな★カレン★だったので、間をおいてから終曲をスタートさせたのですが、最初の譜捲りで★カレン★の指が滑ったのか楽譜が捲れなかったんです。
実際16分休符という短い時間に譜捲りをするところだったんですが★まっと★はまたまたプチ・パニック。。。。
しかし演奏をとめるわけには行きませんから★まっと★は弾き続けました。でも、★カレン★は非常に落ち着いていました。譜面を捲ってから2小節待って、(時間にすれば1~2秒)何事もなかったかのように演奏を再開しました。
ただ、★カレン★の音量が少々大きかったのと、
店舗が若干早くなってきたので、★カレン★も本当はプチ・パニックだったのではないかなぁ・・・・
.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪
しかし、それ以外はほぼ完璧な演奏で★カレン★も最後までしっかりと演奏してくれました。

おしゃべり★まっと★・・・・今回のプログラムは
本当に短いものになる予定だったのですが、
MCのせいかなぁ。。。。。???
結構な時間になりました。
本編を終了したのが20時25分くらいでした。
アンコールは★カレン★とともに定番のシンコペーテッドクロック。お客様の手拍子をいただきながらの演奏。楽しかったです。

まだ、時間もあったのでエリーゼを演奏しました。

そして、★カレン★にも誰にも言っていなかったのですが、、、
★まっとらんど★の掲示板で★る~ぴょん★の投稿のレスにだけこっそり書き込んでおいたのですが・・・・・・・・最後にちょっとだけ『ビックリ』を用意していました。

実は数日前にメールをいただきました。
メールの内容は以下のとおりでした。

福山さま
5月18日に天白区の天白文化小劇場でのリサイタル
楽しみにしています。
はじめてのチケット購入でしたが、
演目に大好きなショパンがたくさんあったのと、
自宅から近かったので一家全員で聞きに行きます。
今5年生の息子が7月に行われるピアノ発表会に向けて
『小犬のワルツ』を練習中です。
当日は小犬のワルツの演奏はありますか?
息子も感動すると思うので是非是非お願いいたします。

このメールのお返事はかけなかったのですが、このようなリクエストをいただいて、プロピアニスト★まっと★が演奏しないわけにはいかないでしょう。
実は『子犬』・・・今年の秋のシリーズにはプログラムに組んであったのですが、ただいま稽古中。。。。ということでしたが、とりあえず、何とか演奏してあげたいと思い、急いでそれなりに仕上げこんでしまいました。

★まっと★はショパンの楽譜はかなりコレクションがあるのですが、30年近く前にポーランド・ワルシャワで購入したパデレフスキー版のショパン・ワルツ集・・・・かなり使い込んでぼろぼろの楽譜ですが・・・裏表紙に★まっと★のサインと日付、そして、何気に本番前、★カレン★のサインももらっておいたんですよ・・・・。
.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪

上記のメールをご紹介させていただき、『子犬』を演奏。
演奏終了後、客席にその小学5年生の男の子がいるかな・・・って
お尋ねしたら、お母様が手を上げてくださいました。
そして、★まっと★が長年愛用していた
パデレフスキー版のショパン・ワルツ集をプレゼント。
7月の発表会で素敵な演奏をしていただけれな・・・って思います。

アンコールも終了して、本当は打ち合わせではそのまま客席からホワイエに退場するはずだったんですが、ホール側の手違いでステージから客席に降りる階段がセットされておらず、そのままステージ上でお客様にお別れのご挨拶。。。。こうして名古屋・天白でのリサイタルを無事に終了することができました。

★カレン★と一緒にすぐにホワイエに顔を出し、
CD販売とお客様をお見送り。天白の多くのお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。

★えりりん★、★トモトモ★、そして★もこちゃん★にはスタッフとしてお手伝い、本当にありがとう♪(#^ー゜)v。撮影も★ピロピロ★がこなしてくれたので
サイト上で写真を皆さんにご紹介できます。

ピアノのコンディション、そして★まっと★の演奏にマッチした音作りをいつもしてくれる調律師の★てっちゃん★。
本当に、本当にありがとう♪(#^ー゜)v。

こうして皆さんのお力をいただきながら、
今年の★まっと★も全国でピアノの音色をお届けしていきます。
これからもよ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)くぅ(^-^)ノ゛!!
o(*'▽'*)/☆゜'・:*☆

40.jpg44.jpg
41.jpg46.jpg
49.jpg50.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。