So-net無料ブログ作成

福山 孝 デビュー25周年記念ピアノリサイタル 名古屋公演 [演奏会記録]

IMG_1212

福山 孝 デビュー25周年記念ピアノリサイタル 名古屋公演
2005年9月25日(日)
午後1時開場 午後1時30分開演
名古屋ナディアパーク・アートピアホール 
入場料  2500円(青少年1250円)

◇プログラム
25の練習曲(全曲) ブルグミュラー
交響的練習曲 シューマン
スケルツォ第2番 ショパン
スケルツォ第3番 ショパン
幻想ポロネーズ ショパン

IMG_1121

IMG_1201

IMG_1204

■演奏会レポート
睡眠がじっくり取れたわけではなく、
今までになく大きな緊張感に襲われていました。
25年の重み、ひしひしと感じました。
早朝に目を覚まし、台風の影響か窓ガラスに
風が当たる音を聴きました。
このままお天気が崩れて、折角ご来場いただくお客様に
ボ迷惑がかからなければ良いのだが・・と懸念していました。
いつも通り、朝のインターネットでメール返信や
新聞社のサイトに目を通して、演奏会に持ち込むものを
最終チェック。
車に詰め込み、最後には衣裳をスーツケースに詰め込み、
腰を上げてお風呂に入ろうとしたら、もう10時を回ってました。
午前11時には楽屋へ・・と思いつつ、なかなか緊張感と
行動の迅速さに欠ける午前中。。。。。
出発が遅くなってしまいました。
家を出てから★えりりん★に電話。
★えりりん★も★かずよ★ちゃんも★たくまる★も
もうホールに到着していました。
しかし、、、、★まっと★はまだ移動中!
荷物をほとんど★まっと★がもっていたので、
折角、早くホールに入ってくれていた皆に迷惑をかけてしまいました。
11時10分ほどにホール到着。
★えりりん★と★カレン★と★まっと★の三人で荷物を搬入。
★み~★ちゃんもすぐに到着してくださいました。
コンサートチューナーの中村さんが
ピアノをすでにアップして下さっていたので、
音出し、5分でリハ終了。
★まっと★はいつもの事ながらリハではほとんど演奏しません。
特に今回のプログラムはかなりヘビーだったので
リハで丸々演奏したら本番はつぶれてしまいそうでした。
その後、プログラムの挟み込みや、
★まっと★グッズ販売のブース設営。
皆が協力してくれて、一応あっという間にすべて準備完了・・
・・・・と言いながらも、すでに12時15分・・・
当日券販売、また、10月の演奏会のチケット販売開始。
13時に開場。
・・・・お客様がぞくぞくと入場してくださいました。
13時15分まで★まっと★自身もいつものように受付に立ち、
チケットを切り、お客様にご挨拶。
15分には楽屋に入り、衣裳に着替えました。
13時27分、1ベル。
いつものようにオンタイムで13時30分には演奏を開始。

ブルグミュラー25の練習曲を演奏しきって、MC。
今回の衣裳は東京公演とまったく同じで、
前半は黒のパンツに白のスペンサー。
蝶ネクタイとカマーバンドはアイボリーと黒のコンビ。
MCのあと、シューマンの交響的練習曲。
フィナーレの音が嵌らず苦しみましたが、
長いフィナーレの後半には指が落ち着いてきたのか
音の収まり我心地よかったです。
そして、前半のプログラムを終了。
この時点ですでに一時間が過ぎていました。
予定よりも15分も押してしまいました。
東京公演でもそうでしたが、当初プログラムを組み立てたときよりも
全体にテンポが下がっているので、長い演奏会になってしまいました。
10分の休憩を挟んで後半のプログラムへ。
後半はショパンの大曲を三つ。
スケルツォの2番、3番、そして最後は幻想ポロネーズ。
後半衣裳は最高礼服での登場でした。黒の燕尾服に白の蝶タイ。
スケルツォ2番を演奏し始めたときに、
なにか心の準備が足りなかったのか、
自分が楽曲に乗り遅れている感触が否めませんでした。
そして、展開部に入った時点で
歯車がばらばらになった自分を感じました。
その瞬間、演奏に大きなミス。
しかし、これが功を奏したのか
その後は楽曲に入り込めたように思います。
珍しく、MCをはさまずに3曲を通して演奏しました。
かなり厳しいプログラムでしたが、3番のスケルツォ、
そして終曲の幻想ポロネーズはなんとしてでも
良い演奏がしたかったのです。
25年の区切りのためにも・・・・。
そうした思いは楽曲と自分の心の同時進行を可能にしてくれました。
心が音楽と同時に進行している状態はステージの上でも
とても気持が良いものです。
ショパンの作品は今までにも数え切れないほど
それぞれを板の上に何度も上げているものですが、
特に幻想ポロネーズは最高の出来だったのかもしれません。
満足できるものでした。
プログラムを終了して、MC。
両親へ感謝の気持を込めて花束を。
そして秘書の★えりりん★、コンサートチューナーの中村さんへ
それぞれ感謝のラウンドブーケを。
そして、★カレン★をステージに呼んでブーケとともに
感謝の気持を伝え、お客様にも心から感謝。

最後はソロのアンコールではなく、
★カレン★とともに10月のプログラムから一曲を連弾で演奏し、
今回のデビュー25周年記念リサイタルの幕を閉じました。
ご来場いただいた皆様、そしてこの25年間、
支えてくださったファンの皆様に感謝の気持で一杯です。
一生、皆様に愛される現役ピアニストでありたい。
その気持を大切にこれからも音楽活動を
続けていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

福山 孝


IMG_1207

IMG_1161
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。