So-net無料ブログ作成

福山 孝 ピアノリサイタル2005 with Karen@鹿児島 [演奏会記録]

2005_10172005まっと演奏会0021

福山 孝 ピアノリサイタル2005 with Karen
2005年10月15日(土)
午後6時開場 午後6時30分開演
鹿児島公演 県民交流センター 中ホール
入場料  3000円(青少年 2000円)

◇プログラム
前奏曲 ト短調  ラフマニノフ作曲
ロンドカプリチオーソ  メンデルスゾーン作曲
幻想曲 ヘ短調Op.103 シューベルト作曲
スラブ舞曲第1巻より
第1番 第3番 ドボルジャーク作曲
組曲 『版画』
 1.塔
 2.グラナダの夕べ
 3.雨の庭 ドビュッシー作曲
『ドリー組曲』
 1.子守歌
 2.ミアウ
 3.ドリーの庭
 4.キッティワルツ
 5.優しさ
 6.スペインの踊り フォーレ作曲

2005_10172005まっと演奏会0027

2005_10172005まっと演奏会0033

■演奏会レポート・・・・
15日の早朝、名古屋発の飛行機にて鹿児島に出発。
札幌に出かける際に来るまで空港まで出かけ、車を空港に
注射するという技を覚えた★まっと★と★カレン★は自家用車で
中部国際空港(セントレア)に向かいました。
飛行機は若干遅れましたが、無事に鹿児島空港に到着。
★はなちゃん★とご主人の★九ちゃん★が空港に迎えに来て
くださっていました。
早速★九ちゃん★の車に乗り込んで鹿児島に向かいました。
まずは少々ですが、鹿児島観光!夜が本番でしたから・・
毎年の事ながら自分はもう二年も
★敦★とともに鹿児島を訪れていましたが、
今回、★カレン★が初めての鹿児島。
★まっと★が大好きな鹿児島を★カレン★にも
一杯見せてあげたかった!
★九ちゃん★と★はなちゃん★が協力してくださて、
本当にいろいろな場所に出かけました。
観光を終えて、昼食と撮ってからホールの下見に出かけました。
調律の宮原さんが丁度到着されました。
舞台の設営からすべてを相談しながら仕上げ、
★まっと★と★カレン★は一応ホテルのほうにチェックイン。
そして、午後4時過ぎに再度会場へ。
会場では宮原さんも調律を終えてくださっていました。
そして、リハーサル。
★まっと★はドレスリハをすると汗をかいてしまうので、
お客さまをお迎えするウェルカム衣裳でリハーサル。
★カレン★は持ち込んだ3枚のドレスを着用してのリハーサル。
名古屋出発時の予定ではう是ルカ無ドレスがグリーンで、
前半が赤、そして、後半ではシーカラーのカクテルドレスと言う
予定でしたが、急遽変更して、赤がウェルカムドレスになりました。

★カレン★のリハも快調。★まっと★のリハはボチボチ・・・・。
でも、気がつくとお客様がゾクゾクと到着されました。
おっとっと・・・もう6時です。
★カレン★とウェルカム衣裳に着替えて、
チケットをいただきながらプログラムをお渡しし、
お客さまをお迎えしました。6時17分ごろには
★まっと★も前半の衣裳に着替えなくてはなりません。
楽屋に引っ込み、着替えました。そして、6時30分に
暗転し、★まっと★の登場!
ライティングはすべて調律の宮原さんが担当してくださいました。
ありがたいです。

宮原さんの作ってくださる音は本当にやさしく、
★まっと★の今までの演奏を計算された上で音作りを
なさってくださるので、とても安心してピアノに向かうことが
出来るのです。
遠征のときに信頼できる調律師にお会いできることは
本当にありがたいことです。

ラフマニノフ・・・そして、メンデルスゾーンと続くわけですが、。
開演早々、お子様のお客様が大泣きされまして、
一瞬、コンセントレーションが度途絶えそうになりました。
しかし、ラフマニノフの音の迫力と、異様なほどの切迫感を
お子様の感受性を影響してしまったのだろうと、自分の解釈で
落ち着きを取り戻すにはそう多くの時間を要することは
ありませんでした。
MCのあと、★カレン★をステージに呼び込み、前半のクライマックス
連弾のパートへ。譜面台やピアノ椅子の出し入れもすべて
調律の宮原さんが行ってくださいました。

札幌でテンポが不安定すぎて主中演奏に至らなかった要因を
この一週間で★カレン★とともに研究を深め、何とか安定性を
保つことが出来たので、これは大kな収穫でした。
そして、10分の休憩をいただき、後半へ、。。。。。。

ドビュッシーの版画からのスタート。
楽曲の説明をMCで入れさせていただき、演奏へ。
思った以上に気持ちよく演奏できました。
大きな目立ちすぎるミスもなく、自分も落ち着いていました。
ピアノの音がとてもやさしく、宮原さんの技術の高さを感じました。

そして、シーカラーのカクテルを着込んだ★カレン★の入場。
お客様からため息にも似た完成があがり、衣裳の選択を
間違えなかったと確信しました。
終局の組曲『ドリー』もとても安定した演奏が出来たと思います。
驚くのは★カレン★の表情で、
とても明るく、リラックスしていた様子でした。
いつもの演奏会なら、とても緊張して周りに居るものも
大変に悔いを使わなくてはならないのですが、
今回の鹿児島公演では、★カレン★が
非常に笑顔が多かったことに感動しました。
★カレン★は多分、札幌でかなりの自身をつけたのでは
ないでしょか?

終演して、宮原さんと★はなちゃん★からお花を頂きました。
そして、★カレン★のためにステージ下手にプリンセスチェアーのように
ピアノ椅子を一台移動して、お花を持つ★カレン★が着席。
そして、アンコールは★まっと★のショパン・・
今年の秋のシリーズではショパンの作品が
プログラミングされていないので、
鹿児島のお客様にはショパンを聞いていただこうと思い、
ノクターンの2番を演奏。★カレン★にもゆっくり聴いてもらいました。
そして、我々のアンコールの定番、シンコペーテッドクロックにて
鹿児島公演の幕を閉じました。お客様も暖かく、
本当に最高の時間でした。
打ち上げは韓国料理のお店で、
★はなちゃん★ご夫妻と★はなちゃん★の同期会の皆さんと
楽しい時間を語り明かしました。
そして、ホテルへ・・・・かなり酔っ払ってしまいましたが、
本当に素敵な★はなちゃん★の仲間に囲まれて、
素晴らしい思い出を一杯作ることが出来ました。
そして、来年も必ずお邪魔したいと思いました。

ホテルに戻ってからはパソコンを開いてインターネット・・
.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪
かなり遅くまでがんばっちゃいましたが、
翌日から鹿児島ホリデーでしたので、
ゆっくり休ませていただきました。

★まっと★は今回本番前に風邪をこじらせたのか、
会場と同時に受付をしていたとき、発熱してしまいました。
でも、ステージに出ると風邪のことなんて
頭からぶっ飛んで下見ました。

素晴らしい仲間の皆さんとの出会い、
そして、★はなちゃん★、★九ちゃん★のご協力の下、
本当に演奏会を楽しく、」成功させていただきました。
感謝の言葉もありません。
また、来年はもっともっとお客様にも楽しんでいただき、
自分たちも気持が良い演奏会を開催できるように、
名古屋公演が終わってからは準備を始めたいと思っています。

★はなちゃん★、★九ちゃん★、
本当にありがとう!
そして、これからもよろしくお願いいたします。

福山 孝

2005_10172005まっと演奏会0036

2005_10172005まっと演奏会0042

2005_10172005まっと演奏会0044

2005_10172005まっと演奏会0046<

2005_10172005まっと演奏会0047

2005_10172005まっと演奏会0049

2005_10172005まっと演奏会0078

2005_10172005まっと演奏会0079
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。