So-net無料ブログ作成

福山 孝 コンサートツアー2005 徳島公演 [演奏会記録]

福山 孝 コンサートツアー2005 徳島公演
2005年7月10日(日曜日)
午後2時開場 午後2時30分開演
黒崎楽器4Fホール(徳島県徳島市)
入場料 2000円

◇プログラム
練習曲ブルグミュラー
『素直な心』
『アラベスク』
『バラード』
『天使の声』
『舟歌』
『貴婦人の乗馬』

愉快な鍛冶屋 ・・・・・ヘンデル

花の歌 ・・・・・ランゲ

ロンドカプリチオーソ ・・・・・メンデルスゾーン

ソナタ ハ長調 ・・・・・ハイドン

前奏曲 ト短調 ・・・・・ラフマニノフ

組曲 『版画』・・・・・・ドビュッシー
 1.塔
 2.グラナダの夕べ
 3.雨の庭

スケルツォ第3番 ・・・・・ショパン


◇2005年7月10日 演奏会レポート
前日の尼崎公演を無事に終えて、非常に気分良く徳島入りしました。
ただ、あまり良く眠れなかったので、移動の運転が非常に心配でした。
★敦★と早朝に待ち合わせて車で約2時間弱で徳島入り出来ました。
まずは朝食・・・どうしても讃岐うどんが食べたくて。・・早朝に徳島に
到着したので、どこもお店が開いていない・・・
徳島駅の立ち食いのうどん・・・・入場券を買って、駅構内へ。
てんぷらうどんを頂きました。

その後、★敦★の実家にお世話になって仮眠。。。。
12時にむくっと起き上がって、昼食へ。
またまた麺類。。。。ラーメンを頂きました。★敦★オススメのラーメン。
美味しかった!
そして、会場となる黒崎楽器さんへお邪魔しました。4階建てのビル。
でも・・・・・エレベータがない・・・・・。
大荷物を持って、4回のホールまで。若干のリハーサルをしてから、
すぐにオ開場時間の2時になり、そのまま着替えへ・・・。
黒崎楽器の部長:黒崎さんがひとつレッスン室を控え室として
用意してくださったので、着替えを済ませましたが、
何しろ雨が降って気温も上がり、非常に暑かったです。
ホールナイト控え室は非常に涼しかったのですが、
待合のロビーがサウナのような暑さでした。
お客様に申し訳なく思いました。

開演時間となり、ステージへ。
通常は最初にMCを入れスのですが、
お客様方も緊張していらっしゃるよう巣立ったので、
まずはブルグミュラーの6曲を演奏し始めました。
ピアノのなりが良すぎたので、ピアノはフルオープンではなく、
ハーフオープンに。
それでも若干ベースの音が出すぎているような感じを受けました。
そのあたりをコントロールしながらかなり落ち着いて
対処できたと思います。
ブルグミュラーの6曲終了後、MCが入り、お客様とのラポールを。
楽曲の解説とともに、ヘンデル、ランゲ、メンデルスゾーン。
そして前半終局のハイドンではテンポも自分の思うようにコントロールできたし、
前日の尼崎公演に続いて、非常に心地よい演奏をすることが出来ました。

休憩中、衣裳を替えてロビーに出たら、客席に居た中学生くらいの男の子が、
話しかけてくれました。『ブルグミュラーって、あんなに速く弾くものなんですか?
ボクはソナタの二巻をやっているんです。自分はあんなに早くは弾かなかったです。』
こんな話をしてくれたので、
『ブルグミュラーはその年齢にあった演奏をすれば良いのであって、
速く弾きたいなら、速く弾けるように稽古をすればいいし、
自分が演奏できる速さで一番心地よく、
その楽曲を表現できるテンポをタイトルと見合わせながら
自分で考えて演奏すればその人らしいブルグミュラーの演奏に
なるんじゃないかな・・・。』って、答えました。
彼は非常に納得してくれた表情を見せてくれました。
確かに★まっと★の 『天使の声』、『貴婦人の乗馬』などは
若干早めに演奏しています。
そのあたりに気がついてくれた男の子にはこれからもピアノの稽古を
がんばって欲しいなって思わずに入られませんでした。

そして、後半。。。。
最初はラフマニノフのGのプレリュード。
今までこの楽曲で大きな失敗はしていないはずなのに・・・・
最初の小楽節がもうすでにいっぱいいっぱい・・・・。
何がどうなったのかわからないのだけれど、メロディーが出てこない。
ちょっとパニクってしまいました。
最初の二ページがとても不安定な状態で途中のロマンティックなパートへ。
このパートは★まっと★も得意とする箇所なので、
なかなかのできばえだったように思いますが、
結局最初のダメージが大きすぎて、
自分がなかなか落ち着きを取り戻すことが出来ないことに
少々苛立ちを感じてしまいました。
しかし、無事にプレリュードを終了して、ドビュッシーの版画へ
この3曲からなる組曲は本当にいいできばえでした。
満足です。
そして最後のスケルツォ。
前日のイメージをそのまま徳島にも持ち込めたのでしょうか、
二日連続でとてもいい演奏が出来ました。気持ちよかったです。
丁寧に音を出そうとすると
ピアノがその★こころ★に答えてくれるし、低音の重たさが
ピアノのコンディションと非常にマッチしたように思います。
お客様も前半に比べて、かなりリラックスしてくださっていたので、
NCや言葉のキャッチボールもかなりいい感じで
ラポールが取れるようになっていました。

徳島のお客様にはアンコールを一曲。
エリーゼのために・・・・・。
この楽曲は★敦★のお父様が非常に気に入ってくださって、
打ち上げでお別れする間際まで、『エリーゼが良かった!!』って、
いってくださいました。うれしいですね。

本編とアンコールを終了して、お客さまをお見送りしているときも
握手を求めてくださったり、とても和やかな雰囲気がそこにはありました。
その後、★敦★のご両親やお姉さまご一家とともに
美味しい鳥料理で打ち上げ。。。
★まっと★が魚が苦手なものだから・・・・・。鳥をご用意してくださったようです。
美味しかったです。ダイエット中にもかかわらず、たくさん飲んでしまいました。
★敦★のご両親や黒崎楽器さんのお力をお借りして本当に楽しい演奏会を
開催することが出来、自分でも満足のいく演奏が出来たことを
うれしく思っています。

最後に忙しい中、尼崎、徳島両公演のサポートをしてくれた★敦★には
心より感謝しています。また、機会があったら是非四国の皆様にも
お会いしたいと思っています。

ご来場いただいた皆様、そしてお力を貸してくださった皆様に
心より、お礼申し上げます。
ありがとうございました。

★まっと★

DVC00001

DVC00005

DVC00022

DVC00024

DVC00025
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。