So-net無料ブログ作成
検索選択

福山 孝 コンサートツアー2004 東郷公演  [演奏会記録]

福山 孝 コンサートツアー2004 東郷公演 

2004年7月17日(土)午後2時30分開演
レ・マーニ

♪プログラム♪
幻想即興曲 Op.66 ショパン
組曲『子供の情景』Op.15 シューマン
きらきら星変奏曲 K.256 モーツァルト
■休憩■
マズルカ Op.24-2 ショパン
マズルカ Op.56-2 ショパン
ワルツ第1番 Op.18 ショパン
ワルツ第6番『子犬のワルツ』Op.64-1 ショパン
ノクターン第13番 Op.48-1 ショパン
バラード第4番 Op.52 ショパン

アンコール
「愛の挨拶」 エルガー
「亜麻色の髪の乙女」 ドビュッシー

DSCN0995
リハーサル

dscn1005
レマーニは素敵なホールです。

dscn1020
本番です。

IMG_0500
本番です。

IMG_0503
演奏会当日・・母の誕生日でした。

IMG_0504
母と一緒に。。。。。。

■演奏会レポート
愛知県東郷町での演奏会。
今年は母の誕生日17日でした。昨年はこの日・・・
★まっと★は鹿児島での演奏会だったことを思い出します。

お昼の12時を回った頃に開場入りした★まっと★。
まだ、宮北てっちゃんが調律中でした。
東郷町のレ・マーニというホールには喫茶スペースがあります。
のんびりとコーヒーを飲みながら、調律が終わるのを待ちました。
調律が終了し、リハーサルへ。
ピアノを弾き始めてすぐになんとなくソフトペダルとの
タイミングが合わず、自分の足がペダルの深さを認識するまでには
若干の時間を要したようです。
宮北てっちゃんは気にしてくれましたが、
調整をお願いすることなく、足のほうもペダルとあってきて
良い感じでのリハーサルを終了。

1時半になると、お客様が入場され始めました。
★まっと★は急いで着替え、、、、、
レ・マーニでは楽屋が二階になるので、
あがったり、降りたり大変!.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪
良い運動になったのではないかな・・?
ヾ(@゚▽゚@)ノ ぎゃはは・・・・・ヾ(@゚▽゚@)ノ

そして、いつもどおりオンタイムにてスタート。
ツアーも終盤に差し掛かり、自分で演奏しながらも、
弾き慣れから生ずる、音の出し方の不明確さに
若干の苛立ちを感じながらのスタートでした。
しかしながら、二曲目の「子供の情景」あたりからは
かなりペースにも乗れて、良い感じで演奏会は進行しました。

10分間の休憩の後、★まっと★の大好きなショパン(後半)。
後半の出足・・若干、気負いすぎたのかテンポがいつもより速く
テンポコントロールする前にマズルカ、ワルツの4曲が
終了してしまった感じです!
そして、今回、もっとも調子が良いノクターンの13番。
最後のコーダに差し掛かったときに事件が起こりました。
鍵盤があがってこない・・・・
へっ・・??・・・・★まっと★の24年間のピアニスト人生で
初めての危機感を感じました。
ベースのCの音・・・・・鍵盤が戻らないんです。
時々何かが引っかかってあがってこないときってありますが、
今回はそういう感じでもないし、ピアノはスタインウェイ。
どうしよう・・・・・・・・・。
頭の中はぐるぐるといろいろなことを考えてしまいました。
しかしながらなんといっても本番中・・・・。
ノクターンの一番最後の和音・・ベースのCがならなかったら・・・・
非常に心配しながら、ノクターンはクライマックスから
エンディングへ・・・・
・・・・・・・・・・・・・・やっぱりCの音は・・・・・出ない・・・・・・。
これはもう、自分の手にはおえないと思い、
ノクターン終了後、MCでお客様にお話をしながら、
立会い料もお支払していないのに、
本番まで残ってくれていた調律師の宮北哲也君を
お客様にご紹介させていただきました。
お客様の前で事情を説明して、
そのままテッチャンに調整してもらいました。
テッチャンは鍵盤&ハンマー部分をピアノから引き出して微調整。
そして、テッチャンがステージすそに下がってきたら
すぐに最後のバラード4番を演奏しました。
すると、今度はベースのB#があがってこない・・・・・・。
さすがに二回もテッチャンに入ってもらうわけにも行かず、
演奏中ではありましたが、
右手だけの演奏時にこっそりと左手で鍵盤を引き上げました。
.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪
いやいや、こんなハプニングは滅多にありえないことだし、
宮北てっちゃんを責める気は全然ないです。
そこに居てくれただけで、どれだけ安心できたことでしょう。
そして本編をすべて終了し、アンコールへ。
17日は母の誕生日ということもあり、
母へバラの花束とエルガーの「愛の挨拶」を
アンコール代わりにプレゼント。
そして、★カレン★にも真っ赤なバラの花束をプレゼントして、
亜麻色の髪の乙女・・・.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪
こうして、今回の東郷公演も無事に終了しました。

スタインウェイに限らず、
ブルットナーであろうと、ベーゼンであろうと
海外メーカーの楽器は見えるところは
日本の楽器とほぼ変わらないのですが、
見えないところというのはかなり粗雑というよりは
大雑把に製造されている場合があります。
反響板やフレーム内部の木製部分に関しては
研磨されていなかったり・・・・・。
今回の原因はその大鋸屑がハンマーの上で
ちょっと悪戯していたようだと原因も究明でき、
それはそれで、ひとつのアクシデント、若しくはハプニングとして
思い出深い演奏会になりました。

しかし、調律師の宮北てっちゃん・・・・
少々落ち込んでしまったようです。
技術者&パフォーマーはいつもコンビであって、
お客様の前で演奏するのはわれわれだけれども、
かといって、調律技術者が居てくれなかったら、
どんなに困ってしまうものでしょう・・・・。
凹んだ様子のてっちゃんがかわいそうで・・・・。
でも、★まっと★自身はテッチャンが仕上げてくれるピアノでは
本当に安心して派フォーミングできるし、
演奏者と技術者の間に信頼感があることって、
とても大切なものです。
本番が終了して、★まっと★がお茶している最中も
テッチャンは原因究明に必死でピアノと格闘している様子、
★まっと★はモニターでしっかりと見ちゃいました。
あまりにもテッチャンが凹んでいるので、
ステージを映し出すモニターでの映像なので、
お茶してる★まっと★にはあんまりよくはわかりませんでしたが、
★えりりん★が必死で、
「だいじょうぶだって~~★福山先生でよかったじゃん!」
・・・なんて事をいいながら、調律師でもない★えりりん★も
テッチャンと一緒になってピアノの中を覗き込んだり、
ハンマーのうなりを確認したり・・・・。
その★えりりん★の様子をモニターで見ながら、
あー、★えりりん★も必死で落ち込むてっちゃんを
なぐさめてくれてるんだろうなぁって、、、、、、
にんまり★まっと★でした。
本当にピアニスト一人だけでは演奏会は開催できません。
技術者、そして優秀なスタッフに恵まれてこそ、
初めてお客さまを迎え入れることが出来るものなのです。
★まっと★は良い仲間に恵まれています。
本当に幸せなピアニストだと思います。

今年のサマーツアーも残すところ尼崎の千秋楽一本です。
最後も気持ちよく演奏できるように、がんばろうと思います。

★まっと★


■ポーコさんの演奏会レポート
今日は、★まっと★さんにお初にお目にかかりました♪
ずっと前からのお知り合いのようでしたが、
演奏前にあまりお話しても・・・とご挨拶だけにしました。

会場はこじんまりとしていて、
まるで★まっと★さんのお宅におじゃましたみたい。
まさにアットホームという感じの温かい演奏会でした。
ピアノの音色は七変化、ダイレクトに伝わってくるので、
生はいいですね~。

途中で、アクシデントもあって、てっちゃんの登場!
本番中に大事な音の鍵盤が上がってこなかったら、
私だったら、あせりまくるなぁと思ったけれど、そこは、★まっと★さん。
会場のピアノに対して、また調律師のてっちゃんに対しても
失礼の無いよう細かい気遣いのあるトークに
★まっと★さんのやさしさを感じましたよ。

お母様のお誕生日プレゼントに「愛のあいさつ」。
とても気持ちがこもっていました。
奥様にも花束のプレゼント。
ホームパーティに参加させていただいたようで、
あっという間に楽しい時間が過ぎてしまいました。
ありがとうございました。 

ポーコ

DSCN1001
生前の★ちゃかえ★です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。