So-net無料ブログ作成
検索選択

福山 孝サマーコンサートツアー2003尼崎公演 [演奏会記録]

福山 孝サマーコンサートツアー2003
福山 孝ピアノリサイタル尼崎公演
2003年07月08日(火曜日)
ピッコロシアター(尼崎)


maeko01.jpg関西支部長★敦★君のレポート

まず大阪に☆まっと☆さんが到着!
それから食事をすまして尼崎へ・・・
途中、偶然maekoさん・ちえさん&お母様と合流・・・
ピッコロシアターへ!!!

すでにJUNKOさんとしずりんさんが到着しており、
会場に椅子を置いたり照明の具合をチェックっ!
実は・・・この後何もする事がなく、
全然普通の雑談をしておりました(笑)
もちろん☆まっと☆さんは2度のリハーサルなどをしておられましたよ!

6時に会場・6時半開演・・・
でもここで重要なことを発見っ!
ピッコロには開演などを知らせるブザーなどがないんですよ・・・
仕方なく「もうスグ始まりますので」などと、
ロビーでくつろいでいらっしゃる方にお伝えしました・・・
チョット間抜けなカンジ・・・!!!

いよいよっコンサートの内容について・・・
と書きたかったのですが、
僕は寂しく「もぎり」で立っていました・・・(泣)
あっでも後半のショパンは全部聞かせていただきましたよ~!
やっぱり圧巻は「木枯らし」・・・
何本指があればあんなフレーズ弾けるんだろう???
などと考える暇もなくただただ感動しておりました!!!
英雄ポロネーズ・アンコールはエリーゼのために・・・
この直後スタンディングオベーションっ!
☆まっと☆さんはコレにかなりキタようです(涙)

コンサートはここまでですが、
2次会・・・コレも凄かったような・・・
実はあまり覚えてなかったりしますぅ~
だってまっとぶらんど新製品のうちわを売ったり(笑)
お金の計算をしたり・・・
何時もコレを☆えりりん☆は一人でやってるんだよね・・・
いやぁ~本当にすごいと思いました・・・うん、スゴイ!!!
僕の場合はJUNKOさんたちがお手伝いしてくれたので、
本当は楽勝のはずなんですけどねェ・・・
ただの酔っ払いってカンジで、
もしかしたら逆に邪魔だったかも(笑)
でも本当に皆さんいい方達ばかりで、
楽しかったです!!!

次回☆まっと☆さんに来ていただく為にも、
もっともっと頑張りますね~!
皆さんも応援してください、
よろしくお願いします!!!

☆敦☆より

追記:ツアーをしてくださった☆まっと☆さん、
応援に駆けつけてくださった皆様、
本当にありがとうございました!!!

Jul1452.jpg★chieさん★のレポート

7月8日(火)、待ちに待った★まっとさん★の演奏会が大阪・尼崎で開催されました。

★まっとさん★の演奏を初めて聴いたのは今年1月。名古屋での演奏会でした。

「なんて温かい音色なんだろう」ととても安らぐピアノの音に超大感激!!
と同時に、ショパン「革命」「ワルツ1番」やモーツァルトも素晴らしく、
★まっとさん★の音色の多彩さに感動するばかりでした。

なので今回の演奏会はとても待ち遠しかったのです。

------------------------------------------

夏のプログラムは、前回の優雅で華やかなプログラムとは変わり、
ラフマニノフやバッハなども含まれていて、クラシックピアノを学ぶ者にだけではなく、
ワクワクするような曲ばかりでした。

オープニングのラフマニノフ「前奏曲 嬰ハ短調」。
この曲は映画「シャイン」でも使われていますが、非常にドラマティックな曲で
私も大好きな曲です。。
それを、すごい切れ味で演奏されて圧倒されました。

強い響きの音が、ただ“強い”だけじゃなくて、強いのに美しいんです!
自分が弾くと、ただのヒステリックな音しか出ないのに、こんな風に響かすことが
で、で、出来るなんて!!
それは、後半ショパンエチュードの最後「木枯らし」でも同じでした。

とにかく、激しい音がちっともうるさいと感じない。こんな神業の音、どうやったら出来るの?

と、1曲ごとに新しい感動がありすっかり興奮してしまった私ですが、
何よりも感動した音色があります。
実は、それをどうしてもここに書きたかったのです!

それは、リハーサルのピアノならしの時に弾かれたバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」。
リラックスされながら弾かれていましたが、
その音色が本当に本当に本当に美しく優しさに溢れていて、実はこの時私の目は
ウルウルしてしまったのです。今にも涙が溢れそうなほどでした。
この時私は完全に★まっとさん★に釘付けでした。

弾きながら★まっとさん★は遠くの天井を見つめていましたが、その視線の上に本当に
天使がいるのではないか?と感じられるような、言葉では表現できない響きの音でした。
メゾピアノ、メゾフォルテ、そんな記号では片付けられない音です。
今でも私の耳に残っていて離れません。

★まっとさん★の音を聴いていると、優しさの中にある神聖な響きを感じます。
私は、この種の音を「天使の音色」と勝手に名付けていますが、
お気に入りのアーティストの中にもその響きを感じる時があります。
私はそんな響きが大好きで音楽を再開した事を思い出しました。

いろんな曲を弾いていると、「もっと速く」「もっと表情豊かに」という気持ちが
先に立ってしまいがちですが、
このように澄んだ音色は、私の心を本当に穏やかにしてくれます。


そして、★まっとさん★の音は、いつの時にもポジティブで前向きな
印象があります。
明るい響きで「明日から頑張ろう」って気持ちにさせてくれます。

一体、どうしたらそんな音でピアノを奏でる事が出来るのでしょうか?

“音楽記号では表せない音色”
それは奏者の心の音ではないかと思います。

★まっとさん★は、どんな時でも笑顔で元気に私達に接してくれます。
曲を紹介する時には必ず「楽しんで下さい」と言われます。
そんなお人柄が音になってにじみ出ている・・・のではないでしょうか?

★まっとさん★のピアノ演奏も好きなんですが、そのお人柄も大好きです。
体中からオーラが輝いていて、そこにいるだけで華やかになります。
お人柄=音楽、これは絶対に繋がっていると思います。
とっっってもポジティブな音です!

心があって演奏がある、豊かな人間性が奏でる豊かな音楽、
★まっとさん★のピアノは私の心を揺さぶり、たくさんの事を感じさせてくれます。

それにしても★まっとさん★、優しいだけでなく、強く激しい曲までこなされて、
ああ、これがプロなんですね。
水だけ、火だけ、と片寄っていては、どちらの良さも半減してしまいますが、
両面を持つことによりお互いが引き立てあう、素晴らしいプログラムの演奏会でした!

★まっとさん★、リクエストのエチュード「木枯らし」はとってもステキでした、
ありがとうございます。
またぜひ関西に来て下さい!!待っています!

Jul1450.jpg★マダムン★さんのレポート

そこでは、ピアニスト★まっと★さんによって、
ピアノという物体が生命を吹き込まれ、
過去の音楽家の魂を呼び起こし、
その響きの中に、更に演奏家の情念が加わって、
CDでは絶対に絶対に味わえない官能をふるわす波動が
体一杯に味わえるのです。

こういう体験は、優れた演奏家のライブでないと、
なかなか味わえないのかもしれませんね。

それにしても、★まっと★さんが奏でたピアノの波動で私が感じたこと・・・。

きっと★まっと★さんのホームページに
何かその秘密があるに違いない・・・・と思って
私はいつもは読んでなかった(★まっと★さん、ごめんなさい~)コンテンツ;
ぶん・文・ぶんを読んでみたのです。

そこには★まっと★さんの生い立ちから演奏家に到るまでの経緯が、
楽しくわかりやすく書かれておりました。

そこで私がわかったのは、★まっと★さんがとても
リベラルなご家庭でお育ちになったことです。
恐らく★まっと★少年は、このご家庭の空気の中で
「美しいものは美しい、嫌いなものは身に付けたくない」といった
自由な感性を、育まれたのだと思います。
こういう感性は、芸術家の芽ですよね。

でも、この感性は、様々な不文律が存在している田舎の中では、
妬まれ仲間はずれにされ、ボコボコにされてしまいます。

そういった不遇の時代を経ても尚、
★まっと★少年の自由で独特の芸術家の心は失われないのですね~。

いいものはいい!やなものはヤダ!
・・・・そういう鋭い感受性を身に付けている★まっと★少年は
自分なりに道を切り開き、日本の音楽教育の貧しさに見切りをつけ、
サッサとヨーロッパに留学されるのです。

そこで、素敵なレディにも出会い、良き師にも恵まれ、
実り多い留学を終えて、今の★まっと★さんの礎を築かれました。

その経緯をずっと読んでいて、強く感じたことがあります。
★まっと★さんという方は、本当に人間に対して偏見がない・・・というか、
他人の評価、世間の評価に
ちっとも影響されず、独自の視点で何事も判断されている・・・ということです。

それは、派閥とか門下生とか(よくわからないけど)、
そういった制度とは背反する精神なのかも知れませんね。

★まっと★さんの演奏が、とても繊細なのは、
心で人を判断する優しい感受性をお持ちだから、そして痛みを知った
学童期の心から来ているように思えました。

演奏の自由なイメージは、紋切り型の考えに染まらずに、
ちょっぴりおセンチでお茶目な子供の心を宿しておられるからなんだろうな~・・・なんて、
私は勝手に判断しました。

そんな素敵でヒューマンな★まっと★さんの演奏を、
是非また聴きたいマダムンの、素人レポートでした~。
★まっと★様、失礼があったらお赦しくださいませませ~。。。


★まっと★のレポート

7月8日(火曜日)
名古屋の天候は大雨。。
傘、、、家の中にない。・・だから
荷物を★カレン★ちゃんの車に詰めて
、自分の車から傘を取り出し、
いざ出発・・
★カレン★ちゃんには10時の近鉄アーバンライナーに
乗ることを伝えては居ませんでした。
でも、ちゃっかり9時過ぎに家を出て・・・
……(-。-) ぼしょ・・・・
しかしながら雨、そして渋滞・・・
ひえーーー・・・
間に合わなかったらどうしよう・・
難波の駅では☆敦☆が待ってるはず・・・・。

雨のひどさは半端じゃなかったです。
★カレン★ちゃんの運転・・かなり早い・・
9時50分には近鉄の名古屋駅に到着!!

そして、座席をもらい、近鉄列車で一人旅・・・

12時に大阪・難波に到着
・・・・☆敦☆が居ない・・・
……(-。-) ぼしょ・・・・
2分送れて☆敦☆が到着!!

それから二人でお昼ご飯。
おいしいカレーを食べました。

そして、JRにて梅田から塚口へ
のんびりしてたら2時近くになってしまいました。

そこで問題発見・・・
★まっと★のZIPPOのオリジナルライター
ポッケの中にないではありませんか・・
……(-。-) ぼしょ・・・・めっちゃかなしい・・・。
梅田の駅のプラットホームで-y(^o^)..oO○たばこ・・
ぷかぷか☆を吸ったことは覚えているんですよ。
だから、梅田から塚口の駅までの15分ほどの間に
ポケットからこぼれてしまったのでしょうか・・
とても悲しい・・
凹んだよ・・・

でも、本番当日です。
凹んでばかりも居られず、塚口の駅でとりあえず、届出をしておいて、
その後は、見つかるのを待つだけですね・・・・。

届けを出して、ピッコロシアターに向かう★まっと★と★敦★
・・その前を歩くのは・・・
★maekoチャン★とちえさんとちえさんのお母様!!
大声で★maekoチャン★を呼び、
5人でピッコロシアター入り!!
そして、楽屋に入ると、
そこには★しずりんちゃん★と★JUNKO★ちゃんが
満面の笑顔で迎えてくれました。
うれしかったなぁ・・
お二人の笑顔が本当に★まっと★の一日を
明るいものにしてくださいました。
うれしかった!!

ホール関係者から、ピアノの位置確認を・・とのこと。
あっちに向けたり、こっちにむけたり、、、。
でも、結局は一番無難な位置に決定!!
そして、みなさんがいすなどを並べてくださっている間に
★まっと★はリハーサル・・・
前半、そして、後半
2回に分けてのリハーサルでした。
しかし、、ちょっとピアノチューナー・・・
かえっちゃってました・・
……(-。-) ぼしょ・・・・
ちょっとショック・・
中高音部のあたりが気になったので・・
事務所に調律師さんは??ッてたずねたら・・
仕事を終わらせてかえられました・とのこと・・
ちょっとビックリしちゃいました・・・。
まぁ、ピアノはC7。どこが悪いわけでもないんだけど・・
ペダリングもちょっと気になる部分がありました・・
そのこともあってリハーサルには時間をとることになってしまいました。

通常、あまりリハーサルで弾きまくるほうではないんですが、
今回はかなり練習しました。
・・・というよりは確認作業でしたが・・・。
そして、楽屋に戻ったら、
もう、開場の時間・・・
みなさんが受付のセッティングや
いろいろとお手伝いをしてくださいました。
☆敦☆も着替えて、受付へ・・・
★まっと★は6時までに着替えて、
受付に顔を出そうと思っていたのですが。。
ちょっと遅れてしまいました。
ぞくぞくとご来場くださるお客様。。
★まっと★の尼崎の親戚一同も
みなさんで着てくださいました。
とてもうれしかった・・・・・。
特に、叔母がこの5月の連休に亡くなったばかりだったので、
ご連絡するのもかなり遅れていたんですが、
家族で足を運んでくださいました。

普段、ネットでしかお会いしないみなさんが、ぞくぞくとご来場くださって
ネット上ではテキストのみのお付き合いですが、
バーチャルからリアルの世界への誘い・・・。
とても暖かいみなさんに出会うことができました。

開演前のベルがない・・・
このことは☆敦☆も書いてくれていましたが、
☆敦☆がロビーでくつろいで見える皆さんに
声をかけてくれていたようです。
★まっと★はちょうどお客様の席の後ろ側からのドアからの入場でしたが。。。
6時半になっても☆敦☆が・・・予備に来てくれないんです・・。
・・????
★まっと★は比較的オンタイムで開演するほうなので
ドキドキ・・・・・。
でも、6分ほど遅れて、☆敦☆が呼びにきてくれました。
そして、開演。

影アナがあるわけでもないので、自分で携帯電話のスイッチを
お切りいただくようお客様にお話しました。
ヾ(@゜▽゜@)ノ ぎゃはは・・・・・ヾ(@゜▽゜@)ノ
とにかく1ベルもないし、諸注意などのアナウンスもないので
自分でぜ~~~んぶ、こなさなくっちゃね。。。
((( ←~(o `▽´ )oΨ ヒヒヒ♪
★まっと★の衣装は黒のタキシード・・燕尾服です。

ラフマニノフの前奏曲から、バッハの『主よ、人の望みの喜びよ』
バッハのコラールについては、★たいよう★ちゃんから
謙譲されている詩について聴いていたので、そのお話も
させていただきました。
そして、3曲のブルグミュラー
楽しく演奏することができました。
そして、亜麻色の髪の乙女・・・
★まっと★のモーツァルト・・・。
かなり自身のアル作品だったんですが・・
実は1楽章・・びみょ~~~に長かったんです・・・。
途中・・・展開部から再現部に戻りきれず、
展開部を二回演奏してしまいました。
ははは・・・・。
でも、気持ちよく演奏できましたよ!
2楽章もテンポは満足。
3楽章は気持ちいいテンポでしゃきしゃきと
演奏できましたね。

そして、リストの『愛の夢』
音の出はとてもよかったんですが・・
なんだか思うところに指が行かない・・
クライマックスで結構音が外れてしまいましたが、
★まっと★の音楽はちゃんとそこに存在してくれたと思います。

その後、10分の休憩。

後半はショパンのプログラム。
もう、大好きなショパンの作品ばかり・・

今回、ちえさんのリクエストもあって
エチュードから木枯し・・・・
2週間前は・・・まだ形も出来上がってなかったのに・・
でも、確かにこの二週間は仕上げるためにかなりの努力をしました。
その成果はあったんではないでしょうか・・。
最後の英雄ポロネーズ・・・
若い戦士たちのHEROに対する憧れ、
そして死がまち受けるかもしれない不安・・
そのあたりが表現できたら、、、、、って
★まっと★はおもっていましたが、いかがだったでしょうか・・・。

そして、アンコール
『エリーゼ』・・・。
★まっと★は大好きですなぁ・・この楽曲・・
何度もアンコールで使ってますが、
今秋のようにポピュラーなクラシックを集めたコンサートでは
なかなかのチョイスだったんではないでしょうか
・・。

スタンディングオベーション・・
最高の時間です。
ステージマンとしては本当に感動です。

そして、終演後はお客様をお見送りさせていただき、
着替えを済ませて、打ち上げへ・・・・。
いあいや、本当に素晴らしいみなさんが集まってくださって、
楽しい打ち上げでした。
もっとみなさんとお話がしたかったのですが・・
なかなかそうも行かず。。。
口から生まれたピアニスト・・★まっと★は
まぁ、本当に一杯お話しちゃいましたね。・・
でも、楽しかったです!

そして、大阪に戻り、ホテルへ・・・。
あんまり眠れなくて、
翌日は少し大阪見物でもしたかったのですが、
ちょっと体調が・・
ヾ(@゜▽゜@)ノ ぎゃはは・・・・・ヾ(@゜▽゜@)ノ
まぁ、ひ弱な★まっと★ドンであります。
なんだかごろごろしたままの一日でした。
でもね、お昼は通天閣まで串かつを食べに行ってきました。
おいしかった・でも、暑くって・・
お天気いいしね・・・。
なんとなく疲労と暑さにやられたのかなぁ・・
☆敦☆が串かつ屋まで連れて行ってくれたんだけど・・
その後はホテルに直帰・・・・
……(-。-) ぼしょ・・・・
そして、もう一泊して、直哉に帰ってきました。
今日、明日と調整をして
明後日は白川の公演です!!
また、がんばってきますね。
o(^-^)oo(^-^)o

長々と失礼いたしました。
★まっと★の尼崎公演レポートでした。

本当に★JUNKO★ちゃん、★しずりんちゃん★、★敦★・・・
名古屋から、★maekoチャン★まで、、
本当にありがとう!!
素晴らしいツアーの初日を迎えることができたのは本当に嬉湖とです!
みなさんのお力を拝借して、★まっと★
のこれからの演奏活動も続けていけるのだと信じています。
本当にありがとう!!
そして、これからもよろしくお願い致します。

多分・・いつものように誤字脱字はあると思いますが・・
読んでくださいねぇーーーッ!!
o(^-^)oo(^-^)o

明後日の白川・・今度は★たいよう★ちゃんにお世話になります。

★まっと★

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。