So-net無料ブログ作成
検索選択

第9回★トゥレブル・クレフ★演奏会 [★トレ・クレ★演奏会]

第9回★トゥレブル・クレフ★演奏会 尼崎公演 [ Concert Ver.9]
2004年9月18日(土曜日)  
午後1時半開場 2時開演
ピッコロシアター小ホール  
入場料  2000円

SANY0120.jpg■プログラム
情熱のフラメンコ
♪池田 浩(フラメンコギター)
♪加藤おりは(フラメンコダンサー)
♪岡本 進(カンテ)
♪前谷篤子(パーカッション)

☆バラ色の人生~ユートピアを求めて~☆
♪本島 洋子(ソプラノ)・・・飯島優子(伴奏)
1.バラ色の人生 La vie en rose
  P.ルイギー/作曲  薩摩 忠 /訳詞
2.恋人もいないのに
  西岡たかし/作曲  落合武司/作詞
3.異邦人
  久保田早紀/作曲・作詞
4.オペラ「リナルド」より
 <涙の流れるままに>
   アルミレーナの詠唱   ヘンデル/作曲
5.ガンダーラ
 タケカワユキヒデ/作曲   山上路夫・奈良橋陽子/作詩
6.希望
  いずみ たく/作曲   藤田敏雄/作詞 
7.オペラ「クセルクセス」より
  <オンブラ・マイ・フ>
   クセルクセスの詠唱  ヘンデル/作曲
8.愛の讃歌 Hymne a l'amour
  モノ/作曲  岩谷時子/訳詞

SANY0102.jpg♪亀井 敦(エレキギター)
1.「ブーレ」リュート組曲ホ短調
  BWV996より /J.S.バッハ
2.無伴奏チェロ組曲第1番より
  「プレリュード」 /J.S.バッハ

♪福山 孝(ピアノ)
愛の挨拶(エルガー)
三つの前奏曲(ガーシュイン)
亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)


SANY0095.jpg演奏会レポート
■第9回★トゥレブル・クレフ★演奏会
今回の演奏会は名古屋から始めての遠征。
出演はフラメンコの池田浩さんを中心にフラメンコ軍団。
池田浩さん、加藤おりはさん、岡本進さん、前谷篤子さん。
そして、長野からソプラノの本島洋子さんと「伴奏の飯島優子さん。
エレキギターの亀井敦さん、そしてピアノの福山 孝(★まっと★)という
出演メンバーでした。
自分自身初めての遠征ということもあり、少々の緊張感がありました。
また、開演時刻がお昼間ということもあり、前日に大阪に入りました。
フラメンコの皆さんは当日に大阪に入られたようです。
また、本島さん飯島さんも当日入り。
会場はいつも★まっと★が夏のツアーで利用する
ピッコロシアター小ホールでした。
何度も演奏しているし、ホールの皆さんもとても親切にしてくださいます。

★まっと★と亀井君は午前9時に楽屋入りするつもりでしたが、
のんびりしすぎて10時になってしまいました。
珍しく亀井君も緊張している面持ちで、ホールに到着。

フラメンコのメンバーが到着してコンパネ(ダンスのために敷く板)の
設置場所を相談しなくてはいけなかったので、
ピアノ位置はコンパネの位置が決まってから決定しようということになり、
フラメンコのメンバーが到着するのを待ちました。
まもなくするとフラメンコのメンバーも到着し、
コンパネの設置を完了し、それぞれにリハーサルを開始しました。

フラメンコのメンバー、そして本島さんと飯島さんも長野から到着。
そのままリハーサルに入っていただき、その後に亀井君もリハ。
★まっと★も皆さんが終了してから気になっている楽曲を数回稽古して
リハは終了。
その後は受付を設置して準備完了!
1時半にはお客様もどんどんお集まりいただき、
2時には開演!
今回、どうしてもお仕事や電車の都合で、終演まで滞在できない出演者も
いらっしゃったので、カーテンコールではなく、
開演時に出演メンバーのご紹介をさせていただきました。
全員でステージに並び、皆さんをご紹介させ地只木、
トップバッターはフラメンコ。
★まっと★は受付でもぎりなどもしていたため、
出入り口をうろうろしてしまいました。
男性のカンテ岡本さんをお迎えしてのフラメンコはとても迫力があり、
最後の創作フラメンコは★まっと★もとても感動しました。
SANY0117.jpgそして、本島さんと飯島さん。
このお2人は本当にいつもあわせの稽古をされているようで、
とても素晴らしい演奏でした。
本島さんの歌声は★トゥレブル・クレフ★になくてはならないものです。
休憩を10分はさんで、亀井君のギター。
今回の亀井君は始めての★トゥレブル・クレフ★遠征演奏会の
要としてスタッフとしてのお仕事もいろいろとしてくださったし、
演奏者としての稽古など、本当に大変だったと思います。
プレッシャーもいろいろとあっただろうし、集客もとても協力してくれました。
そんななか、出足から少々不調で本人も演奏は
不本意であったかもしれません。
ama01.jpgしかしながら、明るいキャラでお客様とも言葉のキャッチボール。
お客様も暖かく見守ってくれました。
そして最後は★まっと★のピアノ。
「愛の挨拶」から、「亜麻色の髪の乙女」。
そして、今年の秋の重要なレパトワでもある
ガーシュインの「三つのプレリュード」。
稽古の段階では不安もありましたが、一応、自分の音楽が
表現できたので、とてもうれしく思いました。
最後にもう一曲アンコールを演奏させていただき、
★トゥレブル・クレフ★尼崎公演は終了しました。

フラメンコの皆さんはそのまま名古屋に帰られたので、
亀井君と亀井君のお母様、本島さん、そして、★まっとらんど★の
重要なマスコットベイビー★ふぅたん★ご一家さまの8人で
梅田に繰り出し、お好み焼きを食べながらの打ち上げ。
本当に楽しかったです。
次回の★トゥレブル・クレフ★は名古屋で10月です。
今度もフラメンコ、ピアノ、声楽など、楽しい演奏会になることでしょう。
皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

★トゥレブル・クレフ★代表:福山 孝

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。