So-net無料ブログ作成
検索選択

エッセイ『グランドピアノのふた』 [『ぶん★文★ぶん』]

51.jpgピアニストが写真を撮影していただくときに一般的に使われるアングルはいつも客席から見られる右の横顔が多いです。また、ステージなどでピアノの構造上どうしても右側をお客様に見られる機会が多いものです。(グランドピアノのふたは必ず右側が開きます。)ですから、グランドピアノを向かい合わせにおいて二台の演奏をするピアニストたち・・・お互いの手が見えないですし、呼吸も読み取りにくいのです。
★まっと★と★カレン★が二台の演奏をする場合は今までに一度だけ向かい合わせに楽器を配置したことがありますが、通常は二台を並べて演奏することが多いです。それは自宅で稽古する場合も二台横に並べてありますし、お互いのピアノの鍵盤に置かれた手の動きを感じやすいので、呼吸を合わせやすいということです。
客席に近いほうのピアノは向かい合わせに配置しても隣同士に配置しようがふたを取りはずすのが通常です。われわれの場合は★カレン★の音を遠くに飛ばすために二台ともふたを全開にして演奏する場合もあります。★カレン★所音を飛ばした上に自分の音をかぶせる感じという表現がよいのでしょうか。客席に音が届くときにはともに融合してバランスの取れた恩流尾が発揮できたらといつも考えています。ホールの構造やその日の気象状況により音の飛び方をよく熟視して当日に決定します。二台のピアノの場合はまったく同じ音量のピアノとも限りませんしステージでは小さく聞こえる音でも、実際に客席には響き渡っている場合もあります。どちらのピアノを誰が演奏するか、本番寸前にならないと決定できません。また、リハーサルでは観客は入っていないわけですから本番とは音の吸収もことなり、本番の状況はあくまでも推測の世界の中で決定し、本番に望むことになります。
われわれの場合は男性である自分と★カレン★の音量を比べると・・若いころは★カレン★の音量がどうしても負けてしまう部分があり、いくら自分が控えめに演奏してもパフォーマンス中に音楽の中に誘われると音量が出てきてしまうという癖があり、集中すれば集中するほど★カレン★の音を自分の音が消してしまうというとてつもない結果を生んでしまっていました。それが年齢とともに★カレン★の音量も出てくるようになり、また、自分も客観的に自分たちの音を聞きながら演奏することができるようになりました。
さて、ピアニストにとって右側からの横顔というのは、おかしな表現ですが見られなれている部分があります。というのは独奏のばあい、ピアノの配置は通常、鍵盤センターでステージに向かってピアニストが左側にいます。そしていつも横向きでピアノを演奏するわけです。しかしながら二台のピアノで向かい合わせにピアノを配置すると自分の左側にお客様がいらっしゃることになります。これはとても不自然な感じがするものです。また、なぜだかわかりませんが、左側の横顔には自身がないのでしょう。左側の横顔をお客様に見られるというのはとても恥ずかしく感じるものです。ただ、単に見られなれていないからでしょうが・・・不思議ですよね。
最近では二台の演奏をすることが非常に少なくなっています。それは★カレン★が二台のピアノよりも一台で4手の連弾のほうを好むからです。実際、自分は一人一台ずつのほうがスペース的な余裕もありますので好みなんですが、ホールで二台の振るコンサートピアノを借りたり演奏会当日の二台分の調律。。。これはかなり多額なものになりますので予算的にも一台4手のほうが好ましいです。また、われわれは夫婦ですから寄り添ってピアノを演奏するのもなかなか乙なものです。★カレン★はすぐ隣に自分がいるというだけで、ステージではかなり安堵感を感じるといってくれます。今ではソロ活動を引退し、自分のパートナーピアニストとしてのみの演奏活動。やはり、ステージ上では自分がいることで★カレン★が安心してパフォーマンスしてくれるのであれば二台の演奏よりも4手連弾のほうが自分自身も楽しくパフォーマンスに集中できます。
今年の秋のシリーズも皆さんに★まっと★と★カレン★ならではの連弾をお楽しみいただく予定です。是非、ご来場ください。
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 4

ちゃーちゃん

成る程良く分かりました・・・
何時の日か私も★まっと★さんカレンさんの演奏が聴けると嬉しいなぁ…と思いつつブログで楽しまさせて頂いております。
by ちゃーちゃん (2009-04-04 00:11) 

★まっと★

ちゃーちゃん(●⌒∇⌒●)
是非、いつの日か演奏会にもご来場くださいね。ボスと一緒に。。。
.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪
by ★まっと★ (2009-04-04 07:14) 

KOZOU

さすがですね。
わたしには想像もつきません。
連弾、呼吸の合うことが一番なのでしょうね。
by KOZOU (2009-04-04 22:52) 

★まっと★

KOZOUさん(●⌒∇⌒●)
呼吸が合わなければ楽曲が迷子になってしまうんですよ。。。
でも、一緒に演奏することはとても楽しいです。
by ★まっと★ (2009-04-05 08:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。