So-net無料ブログ作成

Chinto物語 その33 [Chinto物語]

■ヒヤチント物語 (NO.33)
父;清一郎は弓道錬士の称号をもっていました。その姿を子供の頃見て、かっこう良いと思ったのでしょうか?中学1年生の時、私も弓道部に入りました。しかし、部には指導者がいなくて全て、自己流の練習ですから上達する筈もありません。中学3年の初めに父は漢口に転勤になり、私一人,吉野の叔父、叔母の家にお世話になることになり弓も部に所属していただけの状態だったので、その後、弓の事は,全然私の念頭になかったのです。それから約、50年後、天白のスポーツセンターのプールに泳ぎに行った時、掲示板に弓道教室生徒募集という掲示を発見。そういえば、昔、弓道をやっていたんだという記憶が蘇えり、瞬時に、弓道教室に入ろうかなんて言い出すので、母さんもびっくりするのは当然。こうして再び弓道生活の開始となりました。定年後の特に男の人の毎日の過ごし方が難しいと言われていますが、お陰さまで、私は、何の抵抗も無く、自然に弓の練習と言う貴重な宝物を得て、毎日活き活きした生活を送っています。心から神に感謝!


■★まっと★のコメント
弓道錬士の称号とやらが何なのかよくわかりませんが、字面から見ても『弓が上手な人』と言うことなのでしょう。祖父・清一郎がそれほどに弓がうまいとは知りませんでした。父・徹は知らず知らずのうちに弓道に誘われていたんですね。最近の父親の生き生きとした姿はとてもうれしいものです。南山学園に在職中には見ることのなかったような笑顔や、はつらつとした日々のすごし方には子供たちもあこがれさえ感じてしまうほどです。話はかなり現在になってきましたね。このヒヤチント物語も終盤なのでしょうか?エンディングも楽しみです。
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 6

gensan

弓道の 凛とした姿勢 そして 心地いいほどの緊張した空気 憧れました。
私の田舎は ほんと~に ビックリするくらいの田舎で トトロがいてもおかしくないほどの 昭和の香りが残るところだったので・・・弓道が出来る環境はどこを探してもありませんでした とても残念です・・・
お父様の弓を引く姿 きっと素敵なんでしょうね♪
by gensan (2009-04-24 10:05) 

★まっと★

genさん(●⌒∇⌒●)
そうそう・・・もう古い矢が植物の支柱になっちゃうくらい・・たくさんの矢がだめになっています。
とにかく毎日弓道場に通っていますからね・・
実は父が弓を射っている姿を見たことがないんですよ。。
写真は見たことあるけど・・・。

by ★まっと★ (2009-04-24 20:17) 

KOZOU

ほんとにいい趣味をお持ちですね。
精神統一に弓はとてもいいのでしょうね。
毎日通ってあるのですね。
すごいです。
by KOZOU (2009-04-24 21:17) 

★まっと★

KOZOUさん(●⌒∇⌒●)
毎日ですよ。休むことも無く・・
5番的は父専用だとか・・
父が到着するまでだれも使用しないそうですよ。
by ★まっと★ (2009-04-25 06:59) 

gyaro

私の父は、学生時代なにをしてたのか
いまだに教えてくれません(笑)
弓道、見ているだけで心が研ぎ澄まされる気がします。
by gyaro (2009-07-10 14:16) 

★まっと★

gyaroさん(●⌒∇⌒●)
そうですかぁ。。。
でも、立派にgyaroさんを育てられて。。。
弓道をしている父の姿はまだ見たことが無いんですよ・・・
by ★まっと★ (2009-07-10 19:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。