So-net無料ブログ作成

エッセイ『初めての先生が辞めてしまって・・・』(少年期) [『ぶん★文★ぶん』]

★まっと★が小学生だったころ、最初の佐藤和子先生が岐阜から名古屋の教室まで諸事情で来られなくなったとき、★まっと★はピアノの先生を変わりました。たしか、数ヶ月間だけピアノのレッスンををおやすみしたと記憶しています。次の先生を母が探してくれたのです。自宅近所の先生で自転車でレッスンに通うことができました。それまでは父の車での送迎で楽なレッスン通いだったのですが、先生を変わっても自転車で数分ということで、こちらもまた楽をさせてもらいました。それに加えとても優しい先生で、最初の佐藤先生とはかなりのギャップがあり自分もどのように対応したら良いのかわからなかったようです。しかしながら、子供の考えることはとても単純で、★まっと★少年は練習もせずにレッスンに通うようになっていました。楽な道に流れるのは人間の本能でしょうか?それでも、先生に叱られることはなかったです。木村美鈴先生。ある意味、木村先生のおかげで非常におおらかにクラシック・ピアノ音楽を学習することができたと思っています。レッスンに通うことを苦痛に感じたことは一度もなかったし、結構、大きな楽曲をあたえてくださって、なんとなく弾けるようになってきたものです。ただ、★まっと★自身、趣味の枠から超えようとは、当時考えていなかったので、のんびりとそのまま高校2年生まで木村先生に師事していました。ただ、冗談で高校生のころ、『音楽大学を目指そうかなぁ?』と、先生にお話したら、『そんなことは無理よ!』と一笑されてしまいました。自分自身でも、音楽大学はまだ考えていなかったし、国立大学受験のためにピアノのレッスンをやめようとしていたころだったので、傷つくこともなく、その場は笑っておわりました。
木村先生に最後にいただいた楽曲はブラームスの『ラプソディー1番』でした。なんとも難しい楽曲でした。どんなに練習してもはまらないんですよ。どうしてこのテンポでこんなに音が飛ぶんだろう?と、ひたすら疑問ばかりの楽曲でした。この作品を最後に★まっと★の趣味のピアノは終わったのかもしれません。
今の★まっと★があるのも木村先生のおおらかなご指導のおかげだと思っています。
もう、★まっと★も結婚をして何年もしてからのことですが、★まっと★が自宅近くの公園を散歩していたら、ばったりと木村先生にお会いしました。本当にお久しぶりで、時々演奏会にも着てくださっているようですが、★まっと★も演奏会当日はゆっくりお話しすることもできないので失礼を重ねていました。それで、立ち話になってしまいましたが、懐かしさがこみ上げてきて、皆さんのお世話になってここまできたのだと改めて実感しました。これからのピアニスト人生でも、きっと多くの皆さんにこれからもであいながら、そしてお世話になりながら生きていくのでしょう。心から皆様に感謝を込めてピアノを演奏し続けていきたいと思っています。
nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 6

ねこじたん

ピアノの先生は一人だけ
出会えてよかったと思える人です
ピアノので出会った人、たくさんいるのにぜんぜん会ってないなぁ
ばったり会わないかなぁ
by ねこじたん (2009-03-26 19:39) 

★まっと★

ねこじたんちゃま(●⌒∇⌒●)
素晴らしいですね。自分も最初の先生・・大好きでした。
めっちゃ厳しかったんだけどね。
でも、29年前のデビューリサイタルには来てくださったんだよ。
うれしかったなぁ~☆
デビューリサイタルの幕が下りて一番最初に楽屋へ先生が来てくださったのね。
先生のお顔見たらボロボロ泣いてしまって。・・・・
22歳の思い出ですなぁ。
by ★まっと★ (2009-03-27 09:22) 

KOZOU

いい先生との出会いは人生の宝ですね。
今は★まっと★さんが出会われる立場に(*^_^*)
by KOZOU (2009-03-28 03:52) 

★まっと★

KOZOUさん(●⌒∇⌒●)
自分自身はいい先生かどうかはわかりませんが、
自分h明日的な出会いを一杯してきました。
ありがたいことです。
by ★まっと★ (2009-03-28 08:04) 

ちゃーちゃん

先生にしても★まっと★さんが立派なピアニストになって演奏してる姿を見れるのは嬉しいのじゃないですか・・・
最初の出会いが大切のですね…\(◎o◎)/
by ちゃーちゃん (2009-03-28 18:02) 

★まっと★

ちゃーちゃん(●⌒∇⌒●)
最初の先生が佐藤先生でなかったら。。
今の自分はなかったかもしれません。
本当に最初の出会いは大切ですね。
by ★まっと★ (2009-03-28 18:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。