So-net無料ブログ作成
検索選択

エッセイ『4人組それぞれの人生』(少年期) [『ぶん★文★ぶん』]

高等学校に入り、このあたりで仲間が確立されたようです。橋村優、松原孝樹、中司喜久、そして★まっと★、福山孝。この4人でよく遊んだものです。橋村は出席番号も近かったので、中学一年生のころから仲がよかったです。松原は高校1年から友達付き合いをするようになりました。そして、中司は中学3年のころからだろうか。橋村は中学の時に母親を父親を亡くし、南山での生活の中、国語教員を夢見て、愛知教育大学受験を目指していました。しかしながら、高校3年生も卒業を控えたころ、今度は母親が亡くなったのです。それまで国公立受検クラスにいた橋村は南山大学推薦クラスに変わっていきました。松原は長身の男で、いつも上を見ながら話していたことを覚えています。中司は東京の大学を目指していましたが、一年目は失敗。そして服飾関係の専門学校に通い、東京の某有名アパレル会社に勤めています。そして★まっと★自身は音楽大学。それぞれが全く異なった方角に進んでしまいました。高校を一緒に卒業したものの進学先がばらばらで、その後、4人で顔をあわせたことはありません。橋村は大学4年生教育実習時に母校、南山で顔をあわせましたが、学生時代、南山大学のそばにある喫茶店でアルバイトをしていました。そして、その後、何が起こったのかわかりませんが、大学を卒業寸前にやめてしまい。アルバイト先の喫茶店に就職したようですが、その喫茶店も今ではなくなり消息はわかりません。結婚してからもその喫茶店にはカレンと何度か出かけているのでカレンも橋村には会っています。松原は東京で国会議員の秘書をしていると聞いたことがあります。中司は5年に一度の同窓会のときに顔をあわせましたが、元気そうでした。
★まっと★の結婚式にはほかの3人を招待したのですが、みんな来てくれるとのことでした、もうすでに東京で秘書をしていた松原だけが急にこられなくなってしまい、確か、国会議院選挙で国内はばたばたしていたと思います。彼には高校卒業以来、会っていないのです。4人はものの見事に別々の方向に進みました。★まっと★にとって、当時これだけ仲良くできる友人ができるとは思っていなかったので、とてもうれしかったです。しかし、時代の流れと共に、また、★まっと★の人生の変貌と共に、彼らとも疎遠になってしまいました。高校時代の青春時代を共にすごした懐かしい仲間たちです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。