So-net無料ブログ作成

Chinto物語 その3 [Chinto物語]

■ヒヤチントの物語 (NO.3)
前回は、五島で家族の引揚げを首を長くして待ちながら、鯛の浦のカトリック教会にも通い、百姓をしながら,精神的に苦しい毎日だったというとこまででしたね。家族が引揚げてきて、さてどうしよう?私としてはどうしてももう一度,学校に行き直したいと言う希望でした。実は、敗戦後、陸士、海兵に一年以上在籍したものに限り、当時の高等学校(旧制)の2年生に編入試験が一度だけありました。まだ家族が引揚げてきてない時だったので、最も近くの佐賀の高校を受験しましたが不合格。家族が引揚げてから、昭和22年の高校受験に的を絞りました。マッカーサーの命令が出て、陸士、海兵に在学していたものは、その学校の定員の一割以内に抑えるようにということでした。そこで、私は、全国の高校に手紙を出して、陸士,海兵の者に何人の受け入れの枠があるのかを問い合わせたのです。そうしましたら、京都の第三高等学校が一番、受け入れの
余裕があったのです。じゃあ ということで三高受験を決めて、猛勉開始!本当に、その時は、死にもの狂いになって勉強しました。どうしても合格したかった。お陰で、無事、合格。天に登る程のうれしさでした。そうして22年(昭和)4月三高の一年生に入学いたしました。正にエリート校のピカピカの一年生でした。そこから京都の生活が始まりました。下宿探し開始。そして西陣の泉さん宅に下宿することになりました。そしてその下宿の前に、西陣カトリック教会があり、そこの主任司祭が富沢孝彦という神父様だったというわけです。


■★まっと★のコメント
父・徹も不合格の経験をしているんだなぁって、ちょっとうれしい気持ちになれます。父は『完全な人』、いや、『完璧な人』という感覚が知らないうちに培われていました。そう信じつつ何十年も★まっと★は生きてきたわけですね。母の教えのなかにも、そういった感覚はあったように思います。知らず知らずのうちに洗脳されちゃっていたんですね。姉もきっと同じように感じているはずです。


■母・澤美のコメント
チント物語、私も知らないことが沢山あります。子供たちが興味をもつのは当たり前、今ごろ面白い現象です。とても良い現象ですが、お互いに楽しみましょう。ただ思うことは、青春を,棒に振らされた若者がどれだけいたことでしょう?熱い思いがします。私も終戦の時小学6年、毎日、来る日も来る日も教科書を墨で塗りつぶす事、勉強もせず、まったくすべてが変化したのです。


■★まっと★のコメント
母が本当にたくさんの事を子供たちに話していました。経験のない戦争を母親として子供に伝えておきたかった部分があるのでしょう。今、教員として生徒たちに自分は経験していないけれども、話してあげられることがいっぱいあるのは母のおかげだと思っています。母の実写的な表現は姉と私を釘付けにしたものです。まぁ、単に母のオーバーアクションという表現もありますが、感謝しているのは本当です。
nice!(5)  コメント(5) 

nice! 5

コメント 5

gensan

私の父母も戦争体験者です。幼いころに体験したと聞いています。
関東に来て ちょっと驚いたのは 戦争に対する気持ちが 西の方々に比べ 薄いなぁと感じた事です。東京大空襲があったにも関わらず。。。
戦争の苦しみや悲しみを伝え 二度と起こしてはいけないんだと 伝えきれていない現状を悲しく思います。
やはり 地域の差があるのでしょうか。。。
原爆を投下された長崎・広島、 鹿児島・知覧の神風特攻体の若者たち そして身近な大人から 全く戦争を知らない私達は 小さな頃からたくさんのお話を聞かされてきました。
そして、今でもたくさんの方々が 終戦はしていても その後遺症に悩んでいらっしゃる事を 身近に感じています。
イラクなどの紛争をニュースで見るたびに 宗教的な歴史があり 私では到底理解する事の出来ない たくさんの人々の悲しみや怒りがあるのだと思うのですが・・・その 戦火の中で生きる子供達の事を考えると 胸が締め付けられるほど悲しくなります。

今でも ふとした時に心の中で歌う歌があります。
小学生の頃に習った歌です。涙が溢れます。
♪♪ 青い空は~ 青いままで~ 子供らに伝えたい~ 燃える~ 八月のあ~さ かげま~で燃え尽きた~ ♪♪
by gensan (2009-03-25 11:11) 

KOZOU

わたしの両親とちょっと違う年代でしょうが、ご両親たち、うちの両親、本当に不幸な世代だったと思います。
ほとんどの日本人が運命を狂わされたでしょうね。
特に父上は学業半ばで放り出され苦悩は察するにあまりあります。
その中で猛勉強、3高に。全国あこがれの3高ですからね。ほんと人間万事塞翁が馬ですね。
それから自らの運命を切り開かれた父上に深く敬意を表します。
完璧な人間と思われたのも無理ないですね。
by KOZOU (2009-03-25 19:14) 

★まっと★

本当に戦争は二度と起こってはならないもの・・
そうおもいますね。
現在の日本・・・少々平和ボケしちゃっていますかねぇ・・・
先を考えると少々不安になることもありますが、
まずは自分が一生懸命生きなくては・・・
by ★まっと★ (2009-03-26 08:26) 

gyaro

とても興味深く読ませていただきました^^
ご家族の絆をとても強く感じ、羨ましく思います☆
by gyaro (2009-03-28 06:42) 

★まっと★

gyaroさん(●⌒∇⌒●)
ありがとうごじあます。
これは2003年の春に風億のメーリングリストでのやり取りなんですが、何を思ったか父が突然に書き始めたものです。
全50話となっておりますので、5月の中旬まで続きます。
読み続けていただけるとうれしいです。
by ★まっと★ (2009-03-28 08:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。